裏側矯正はだれでも出来るのですか?

お口の状態により、出来る場合と出来ない場合がございます。まずは初診の無料相談時にお口の中を拝見させていただいてからの判断となります。

一般的には、上下の咬み込みが深い場合(過蓋咬合と言います)には、咬み込んだ際に下の歯が上の歯の裏の装置に当たってしまい装置の破損や脱離が起きることが予想されるために、「裏側矯正が向いていない」と言われることも多くあります。

当院では装置の大きさ自体もかなり小さいものを使用しておりますので、他の医院で出来ないと断られた場合にもぜひ一度ご相談くださいませ。

前の記事
一覧へ
次の記事

奈良の浜中矯正歯科クリニック | 矯正治療の細かいところまでとことんご説明いたします。