装置の違和感を心配しています。マウスピース矯正や表からの矯正と比べてどうでしょうか。

矯正治療は、裏、表、マウスピース問わず、ほぼすべてのケースでお口の中に違和感が生じます。

表側からでは唇の裏側に、裏側からでは舌側に違和感が大きくなります。舌は敏感な器官のため、違和感を大きく感じる方もおられますが、慣れてしまえば気にならないという方がほとんどです。

裏側矯正の違和感をすくなるする方法は2つあり、装置を小さくすることと、装置にワイヤーを固定する結紮線を使わないタイプの装置を使用する方法があります。当院ではその両方を考えた装置を選択しております。

前の記事
一覧へ
次の記事

奈良の浜中矯正歯科クリニック | 矯正治療の細かいところまでとことんご説明いたします。