表と裏側とで、食べ物の制限に違いはありますか?

表側と裏側の矯正で共通して言えることは、ガムやキャラメル、お餅などの粘着力のある食べ物は装置の脱離を招く可能性があるので控えていただいております。

裏側矯正では、固いおせんべい、氷、フランスパンなど、かみ締めた時にクッション性がなく装置にダイレクトに負荷がかかてしまうような食べ物は、出来るだけ小さくしてから食べていただいたりと気をつけていただく必要がございます。

前の記事
一覧へ
次の記事

奈良の浜中矯正歯科クリニック | 矯正治療の細かいところまでとことんご説明いたします。