歯を抜く場合は、必ず表側からの矯正になってしまいますか?出来るだけ目立たず治療を行いたいです。

抜歯を伴う矯正治療の場合は、裏側からの見えない矯正も選択肢にあがります。目立たず治療することも可能ですので、どうぞご安心ください。

さらに、抜歯をすることの問題点として、抜いた歯のスペースが埋まるまでの期間、「歯抜け」のように見えてしまうことがあり審美的によくありません。このような場合は裏側矯正では、抜けた歯の部分に仮歯を入れておくことで治療中でも自然な笑顔で周りを気にせずに過ごしていただくことができます。

前の記事
一覧へ
次の記事

奈良の浜中矯正歯科クリニック | 矯正治療の細かいところまでとことんご説明いたします。