Mouthpiece Type

マウスピースタイプの矯正

着けていても目立たない。
取り外しが出来る、新しい矯正治療。
まずはしっかり特徴を確認。

マウスピースタイプの矯正 基礎知識

Point!

一番知っておいて欲しいこと

  • ・1日に20時間以上マウスピースを着けている時間がないと治療が進みません。
  • ・夜寝る前に必ず着ける。食事が終わったら必ず着ける。ご自身で管理が出来ますか?
  • ・管理が出来れば、素晴らしい治療法です。

ワイヤー矯正との違い

マウスピースタイプの矯正
ワイヤー矯正
メリット
  • ・装置をつけていてもほとんど目立たない。
  • ・食事や、大切な場面の前に装置を自分で外すことができる。
  • ・取り外せるから磨きやすく、清潔。虫歯になりにくい。
  • ・ロボットが装置制作をするため誤差の少ない治療が出来る。
  • ・歴史が長くどのような歯ならびにも対応出来る応用力がある。
  • ・取り外しが出来ないことで、自分の管理は楽になる。
  • ・表側の矯正はマウスピースタイプより若干費用が抑えられる。
デメリット
  • ・取り外しが出来てしまうことで自己管理が難しくなる。
  • ・治療の範囲が限られる場合がある。
  • ・表側からの矯正はどうしても装置が見えてしまう。
  • ・歯磨きが難しくなれるまで少し時間がかかる。

光学スキャン=カメラで型取り、
コンピューター上で設計、ロボットが装置をつくる。
手作業からの脱却で、精度の高い治療が可能になりました。

マウスピースタイプの矯正には最先端の治療技術が数多く使われています。従来お口の型取りはシリコン等をつかって文字通り物理的に「アナログ型取り」していましたが、専用の光学スキャナーを使い写真を撮るように「デジタル型取り」をします。それにより、歯型の歪みが最小限に抑えられるようになりました。

型取りがデータ化されることにより、設計、製造までがコンピューターとロボットで完結します。人間が携わる部分は極力少なくして、矯正歯科医が診断&設計をしたとおりに装置が出来上がり、高い精度の治療が出来ることが、マウスピースタイプの矯正治療の特徴です。

光学スキャンの型取り

シリコンを使った型取り

治療を検討するにあたり、
矯正治療の「現在のスタンダード」を
ぜひ知っておいてください。

最近の「大人の矯正」事情 @ 2020

二期治療:大人の矯正治療費用

マウスピース矯正

インビザライン(カスタムメイド型マウスピース矯正装置)

取り外し可能なマウスピースタイプの矯正装置です。装着時も透明でほとんど目立ちません。取り外しが出来ることで、お食事の際や大事な場面にも気兼ねなく治療することができます。さらに歯磨きもしやすく衛生的です。反面、ご自身で装着をしなければ治療が進まないため、向き不向きもあります。

診査・診断料
60,000円(税別)
治療費用
840,000円〜(税別)

奈良の浜中矯正歯科クリニック | 矯正治療の細かいところまでとことんご説明いたします。