«  2019年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年7月17日

多くの人は、歯が痛くなったり違和感を覚えたりしなければ、歯科医を受診しません。

ほとんどの人はそれでも問題ないかもしれません。しかし、虫歯の予防という意味では、痛みや違和感などの自覚症状が出てから受診するのでは、もう遅いのです。

虫歯や歯周病は、何も感じることなく進行する恐ろしい病気で、自覚症状が現れる頃には、相当悪化しています。そのため、自覚症状が出てから受診しても、対症療法的な治療しかできず、時間もかかってしまいます。

そのため、定期的な歯科検診やクリーニングを行ってもらうことをお勧めします。そうすれば、密かに進行する虫歯を早期発見早期治療することができますし、虫歯や歯周病の原因となるプラークなどもたまりにくくなります。

すでに虫歯治療を受けている人は、ぜひ治療後に定期健診を始めてください。「今さら」ではなく、それが始めるチャンスなのです。

治療した段階で、口腔内はクリーニングされています。せっかくですので、スッキリとしたその状態を保つべく、定期的な検診とクリーニングを続けましょう。

そうすれば、口腔内の健康を保ち、いつまでも美味しく食事をすることができます。

当院の紹介はこちら
http://www.yoihanarabi.com

2019年7月10日

審美歯科と一言で言っても、大きく分けて次の3つのアプローチがあります。

・歯の色を整える
・歯の形を整える
・歯並びを整える

患者様の希望や口腔内の状態によって、これらの治療を組み合わせることになります。

ただし、審美歯科ではこういった見た目だけを整えるようなことはほとんどありません。

審美歯科では、機能の回復である一般歯科治療だけではなく、そこでは補うことのできない審美的な回復(改善)を行います。
※ もちろん、美容整形に付随する審美歯科では、見た目を整えるだけの治療を行うこともあります

審美歯科の本分は、「機能と見た目を回復させて、患者様の幸せな生活のお手伝いをする」なのです。

最近では、自宅でホワイトニングを行える機器もあるようですが、そもそもの歯の状態がわからない状態では、表面的な白さだけを求めても、ちぐはぐなものになるでしょう。

審美歯科であれば、医師としての機能的な診断と治療を受けた上で、美しく整えることができるのです。

歯並びや歯の着色など、気になることがありましたら、ぜひ「審美歯科」を掲げている歯科医へご相談ください。

当院の紹介はこちら
http://www.yoihanarabi.com

2019年7月 3日

審美歯科は、歯並びや歯そのものを美しく整えるとともに、口内を清潔にして虫歯を防ぐことができる治療です。

歯科治療としては、とても優れた治療と言えるものですが、じつは大きな欠点があります。

それは、高額な治療費です。

比較しやすい被せ物で説明すると、一般的な保険適用の範囲で行う金属の詰め物の場合は数百円で済みます。しかし、金属の詰め物は、俗に「銀歯」と言われる目立つもので、審美的に良くありません。銀歯があるせいで、口を開いて笑えないという人もいるほどです。

そこで、保険適用外のセラミックを利用したクラウンで治療すると、強度と美しさを兼ね備えた満足いただける治療ができるでしょう。しかし、その価格は数万円に上ります。

他にも、治療が完了したあとに行うホワイトニングなどは、保険適用治療では不要なものです(0円)しかし、色がついた歯は、その人の品格すら貶めることがありますので、白く輝く歯にすればその後の人生が大きく変わるかもしれません。

そのためにホワイトニングを行えば、これまた数万円の治療費がかかります。

審美治療は自由診療になるため、その治療費は歯科医が自由に決めることができます。もちろん、相場はありますが、保険適用治療に比べれば100倍にもなる治療になることもあるのです。

この点が審美治療の大きな欠点です。

しかし、この点をクリアするのであれば、審美治療は多くの方を幸せにすることができる治療と言えるかもしれません。

当院の紹介はこちら
http://www.yoihanarabi.com

2019年6月26日

歯科矯正というと、審美歯科のイメージが強く、美容の一環とした贅沢な治療と考える人もいるかもしれません。

しかし、歯科矯正は見た目を美しくするという効果だけではなく、虫歯を予防する効果もあるのです。

虫歯が起こる原因の1つは、歯の隙間などに残る食べかすです。食べかすが虫歯菌のエサになることで、虫歯菌が増えるとともに、酸を作り出して歯を溶かしてしまいます。

増えた虫歯菌は、歯の表面に張り付いてプラークを作り出し、その中でぬくぬくと増えていきます。

虫歯は、このように虫歯菌が増えることによってひどくなります。

そのため、日々の歯みがきによって、食べかすを取り除き、プラークを削り取ってしまうことで、虫歯を防ぐわけです。

しかし、歯並びが悪いと、歯の隙間が多く、歯ブラシの毛も届きにくくなりますので、虫歯菌を除去することが難しくなります。

ガタガタになった歯並びを矯正すると、歯みがきがやりやすくなり、食べかすやプラークを簡単に除去することができるようになり、虫歯になりにくくなるのです。

つまり、歯科矯正を行うことで、見た目の良さとともに虫歯になりにくい口内を作り出すことができるのです。

当院の紹介はこちら
http://www.yoihanarabi.com

2019年6月19日

歯科矯正を行うにあたって、多くの患者様が気にされるのが、「痛み」と「見た目」でしょう。

特に、「見た目」については、昔の映像などに残っているギラギラと目立つ矯正装置のイメージが未だにあり、躊躇する人も少なくありません。

「痛み」についても、インターネット上のブログなどで語られる体験談から、「すごく痛い」イメージを持っている人もいるかもしれません。

じつは、これらはすでに過去のものになっているのを、ご存知でしょうか?

「見た目」については、歯の裏側に矯正装置を取り付けることによって、ほとんど目立たなくすることができます。表につけるものでも、できる限り金属を使わず、目立たないような素材を使った器具が、いくつも考案されています。

また、「痛み」についても同様で、以前は歯科医師の経験と勘によって、患者様の口に合わせていた矯正器具を、コンピュータなどによって正確にオーダーメードできるようになっているのです。

そうして作られた矯正装置は、体にぴったりとフィットし、器具が口内に当たって痛くなるようなことはおろか、矯正による違和感まで軽減されているのです。

「痛み」と「見た目」で躊躇している人は、ぜひ歯科医師に相談してみてください。

当院の紹介はこちら
http://www.yoihanarabi.com

2019年6月12日

歯並びが気になっていても、「特に問題も感じていないのに、歯医者さんで診てもらうなんて」という気持ちになっていないでしょうか?

もちろん、ほとんどの場合は大規模な矯正治療を行うまでもないかもしれません。

しかし、そのわずかな違和感が、大きなずれの前兆かもしれません。

そのため、違和感を覚えたら、ぜひ歯科医師へ相談してほしいのです。

ただし、そこですぐに治療を行うのは、待ってください。

歯科医師から診療結果をしっかりと聞き、治療の必要性やデメリット、治療しなかった場合のリスクなどをしっかりと聞いてから判断しても、遅くありません。

むしろ、そういった詳細な説明や、治療費などについてきちんと説明するような医師でなければ、矯正治療は受けない方が良いかもしれません。

なぜなら、矯正治療は半年から数年にわたる長い期間が必要となる治療であり、その間にどんなトラブルでも起こる可能性があります。

そんなとき、前述のような説明をしっかりとする医師であれば、(説明するために)不慮の事態もある程度想定したうえで治療方針を決めますので、最終的にはトラブルが少ないと言えるのです。

もし、歯並びに違和感を覚えたら、ぜひ歯科医師へ相談してください。そして、しっかりと説明を聞きましょう。慌てる必要はありません。

ただし、しつこいほどの歯科医師の説明に納得したら、早いうちに治療を始めてください。

当院の紹介はこちら
http://www.yoihanarabi.com

2019年6月 5日

審美治療の中でも比較的手軽に受けられ、効果の高い治療がホワイトニングです。

ホワイトニングを行えば、歯が白く輝き、自然と笑顔が増えることになるでしょう。笑顔には笑顔を引き寄せる力がありますので、自然と楽しいことが起きてきます。

そんなホワイトニングを受けようと調べてみると、2つの種類があることに気が付きます。

今回は、そんな2つのホワイトニング、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングについて、説明しましょう。

・オフィスホワイトニング
歯科医院で歯科医や歯科衛生士が施術するホワイトニングです。

歯科医にある専用の設備を利用し、医師しか取り扱えない強い(濃度が高い)薬剤を利用できるため、効果が現れるのが早く、かつ安全に実施することができます。

ただし、歯科医へ通う必要がある手間がかかるのと、白くなりすぎる、突然白くなる、など、少し不自然に感じる可能性があります。

・ホームホワイトニング
最初の1回程度だけ歯科医へ行って、専用のマウスピースと薬剤を受け取って実施方法を教えてもらえば、あとは自分の好きな時に好きなタイミングで実施することのできるホワイトニングです。

気になっているなら毎日、そうでもないなら定期的に、など、自分の好きなペースで行えるのが強みですが、薬の効き目はそれほど強くなく、効果が現れるまでに時間がかかることが多いでしょう。ただし、その分自然な白さを得られます。

また、専用のマウスピースを作ってもらいますし、弱い薬で長い期間実施しますので、高価になる傾向があります。なにより、継続しなければいけませんので、面倒くさがりな人には向いていません。

当院の紹介はこちら
http://www.yoihanarabi.com

2019年5月29日

虫歯予防のもっとも重要なポイントは、なんでしょうか?

定期的に歯科医で検診やクリーニングを受けることでしょうか?

もちろん、歯科検診を定期的に行って、虫歯の早期発見ができれば、完治することも可能です。歯科医で定期的にクリーニングをすれば、とてもすっきりしますし、虫歯になるリスクも大きく下がることでしょう。

しかし、これらはもっとも重要なポイントではありません。

じつは、予防歯科でもっとも重要なポイントは、「正しい歯みがき」なのです。

歯みがきのやり方を知らない人はほとんどいないと思います。しかし、「正しい歯みがき」をできている人は、案外少ないものなのです。

歯科医で定期検診をしたり、クリーニングをしたりすることも、虫歯予防に効果はありますが、それらは数か月に1度程度の一時的な対処です。

やはり、毎日欠かさず正しい歯みがきを行うことの方が、歯科医でのクリーニングの何倍も虫歯予防の効果があるのです。

ぜひ、歯科検診のついでに正しい歯みがきの方法を習い、家で実践してみてください。もちろん、1度で憶えきれなければ、何度でも確認しましょう。

正しい歯みがきを憶えれば、確実に虫歯になるリスクが下がるのです。

当院の紹介はこちら
http://www.yoihanarabi.com

2019年5月22日

じつは、かみ合わせが悪いまま放っておくことで、顔がゆがんでしまい、体中にゆがみが発生してしまうことがあります。

かみ合わせが悪いと、あごの左右や前後にかかる力のバランスが悪くなります。

体は常にバランスを取ろうとしますので、あごがずれることで、かみ合わせのバランスを取ろうとするのです。

すると、顔全体がゆがみます。顔がゆがんでいるということは、頭の位置がゆがんでいることになります。

頭の位置がゆがんでいると、体の重心がずれますので、まっすぐ立っても頭を支えることができません。

そのため、ゆがんだ頭の位置に合わせて、肩や首、腰などがゆがんでいくわけです。

当然、ゆがんだ状態で体を支えるには、どこかの肩や腰、背中などの筋肉に負担がかかり続けることになります。そうなると、常に肩や背中がこった状態になり、痛みを抱えることになるでしょう。

このように、かみ合わせが悪いまま放置していると、それが顔のゆがみを生み、体のあちこちまでゆがませてしまうことになるのです。

もし、こどものかみ合わせに気になるところがあれば、早いうちに歯科医へ相談するようにしましょう。

当院の紹介はこちら
http://www.yoihanarabi.com

2019年5月15日

歯を正しい位置へ動かして、歯並びやかみ合わせを治療する矯正治療には、「痛い」というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?

確かに、歯を動かすことで大なり小なり痛みが生じます。特に治療開始して2から3日は、ほとんどの人が違和感を覚え、痛みを感じる人も少なくありません。

しかし、そんな矯正治療の痛みや違和感は、時間とともに減少しますし、治療の仕方などによって、できる限り痛みを小さくするということも可能です。

ただし、矯正装置が口腔内にあたって痛む場合は、時間とともに痛みがひどくなりますし、口内炎になって辛くなることもあります。

そのため、矯正装置がきちんとあっているのか、違和感などがあれば、すぐに歯科医に報告してください。そうすれば、歯科医が矯正装置を調整して、痛みや違和感が和らぐことが多いのです。

また、運悪く口内炎になってしまった場合でも、歯科医によってはレーザー治療機を使うなどして、痛みを和らげてくれます。

もし、矯正治療の痛みが気になって治療を躊躇しているのであれば、ぜひ1度、歯科医にご相談ください。最適な対策を提案してくれることでしょう。

当院の紹介はこちら
http://www.yoihanarabi.com

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。