«  2019年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年4月17日

一般的な矯正治療の方法に「ブラケット矯正」という方法があります。

ブラケット矯正は、歯の表面にブラケットという装置を付け、そこにワイヤー
を通して歯を動かしていく矯正方法です。昔から行われている最も一般的な矯正方法で、歯の位置を細かく確実に動かすことができます。

一方で、「装置が目立ってしまう」というデメリットがあります。
口を開けた時に、ギラギラと矯正装置が目立ってしまうので、「装置が目立つ事が嫌」だという理由で、矯正治療を躊躇してしまう人も少なくありません。

「審美ブラケット矯正」は、従来のブラケット矯正の治療方法はそのままに、装置を目立ちにくくした矯正方法です。

装置の材料を樹脂やセラミックに置き換え、目立たない装置にしています。
装置が全く見えないわけではありませんが、金属の装置ほど目立ちません。

矯正方法自体は、金属ブラケットと変わらず、様々な種類に対応することができます。
また、金属アレルギーがある方、心配な方でも、安心して使用する事ができます。

金属ブラケットよりも多少強度に劣るので、お口の状態に応じた歯科医師の判断も必要です。
また、金属ブラケットと比較して、費用が割高になる事がありますので、確認をするようにしましょう。

当院について詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.yoihanarabi.com

2019年4月10日

こどもの歯並びを気にしている親御さんは少なくありません。

特に歯が生え変わる時期に、多くの親御さんが一喜一憂するのではないでしょうか?

乳歯がなかなか抜けず、永久歯がおかしなところから生えてきたり、乳歯が早く抜けてしまったりしたせいで、残った乳歯が歪んでしまうなど、心配の種は消えません。

ほとんどの場合、生え変わり時期に少し歪んで生えているように見える歯も、成長につれて正しい位置へ移動します。

そのため、慌てて歯科医に駆け込んでも、特に治療されることなく経過観察で終わってしまうことが少なくありません、

しかし、それでも、歯並びがおかしい場合は、早めに歯科医師に相談したほうが良いでしょう。当然ですが、必ず矯正する必要はありません。その状況を見て、歯科矯正を行う必要があるかどうかを見極めるのです。

ただし、こどもの歯科矯正を行ってもらう歯科医師は、きちんと選ばなければいけません。例えば、最低限次の条件を満たす歯科医師である必要があるでしょう。

・カウンセリング時に期間や費用、具体的な治療の方法、抜歯の有無などをごまかさずに説明してくれる
・X線写真や歯の模型など、適切なデータをとってから治療方針を決め、丁寧に説明してくれる
・治療を強制しない

上記の条件を満たしていれば、安心してこどもの歯並びを任せられるでしょう。もちろん、あと小児歯科、矯正歯科の専門医や認定医であれば、よりベターです。


当院について詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.yoihanarabi.com

2019年4月 3日

歯に着色がつくと、茶色く汚れているように見えるので、見た目がよくありません。
「歯の着色」というと「タバコのヤニ」をイメージする人が多いですが、
着色の原因は、タバコだけではありません。
普段、誰もが口にするような食べ物でも、着色が起こります。

今日は、着色が付きやすい食べ物を紹介していきます。

<着色が付きやすい食べ物>
・醤油、ソース、ケチャップなどの色の濃い調味料
・ワイン、ぶどう、チョコレーなどポリフェノールを含むもの
・緑茶、紅茶、コーヒーなどの飲料
・カレーライス、トマトソースなど色の濃い食べ物 など

普段から口にするような調味料や飲料・食べ物でも着色が起こることが、わかります。これらを摂取しなければ、着色は付きにくくなりますが、調味料なども含まれているので、現実的ではありません。
「食べること」というのは人間の「楽しみ」の一つでもあります。無理に、飲食を制限する必要はありません。
着色しやすい飲食物を摂取した後、歯磨きやうがいをすることでも、着色は予防できます。
また、着色を助ける働きのある「着色補助食品」に注意して、「着色が付きやすい食べ物」と「着色補助食品」を同時に摂取しないように心掛けると良いでしょう。着色補助食品の例を挙げると次のようになります。

<着色補助食品>
・お酢、クエン酸
・スポーツ飲料
・アルコール類
・柑橘類

当院の紹介はこちら
http://www.yoihanarabi.com

2019年3月27日

指しゃぶりを長く続けていると、歯並びに悪影響があるのをご存知ですか?
とは言っても、乳幼児期の指しゃぶりは、発達上自然なことなので、無理に止めさせる必要はありません。
指しゃぶりは、おっぱいを吸うための反射でもあり、目と手の強調運動の学習としても、必要な行為です。
ただし、3歳をすぎても長時間指しゃぶりが続くようになると、歯並びに悪影響が出るようになるので、やめていけるようにしなくてはなりません。

指しゃぶりの対応について、年齢ごとの対応をまとめたいと思います。

<年齢別にみる指しゃぶりの対応>
・ 0歳(乳児期)
0歳児の指しゃぶりは発達における正常な行為です。そのまま経過をみて
問題ありません。

・ 1歳〜2歳(幼児期前半)
遊ぶことに興味が広がり、指しゃぶりの頻度が減ってきます。退屈な時や、眠い時に指しゃぶりをすることが多いです。
基本的に見守っていけば良いですが、指しゃぶりを一日中しているなど、頻度が多い場合には少し注意が必要です。もう少し大きくなった時に習慣化しないために、今のうちから指しゃぶりを減らしていけるように、声かけをすると良いでしょう。

・ 3歳〜就学前(幼児期後半)
頻繁な指しゃぶりがみられる場合には、小児歯科・小児科を受診し、対応を考えていく必要があります。
3歳になると、理解力が増します。「なぜ指しゃぶりをするとよくないのか」言葉や写真・絵などで説明すると、本人も意識できるようになるでしょう。
指しゃぶりは、無意識でしているので、怒ったりしてはいけません。手を使う遊びなどを促して、指しゃぶりから気を逸らすと良いでしょう。

・ 小学校入学後
この時期になっても指しゃぶりに固執している場合や、やめたくてもやめられない場合には、小児歯科医・小児科医・臨床心理士の連携による積極的な対応が必要になります。

このように指しゃぶりをしているからといって、すぐにやめさせる必要はありません。神経質にならずに、年齢に応じて段階的に対応して行きましょう。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com

2019年3月20日

子供の虫歯予防に有効な治療法に「シーラント」という方法があります。
今日はシーラントとは、どのような治療方法なのか解説します。

シーラントとは、奥歯の噛み合わせの部分の溝に薄いプラスチックを埋めて、虫歯を予防する方法です。

奥歯の溝は、とても深くなっていて、丁寧に歯磨きをしているつもりでも、汚れが溜まりやすくなっています。そこから虫歯が発生しやすいので、予めプラスチック材で溝を薄く埋める処置をするものです。
虫歯になりやすい乳歯の奥歯や、生えたばかりの6歳臼歯に有効です。

シーラントを付けるのに、歯を削るなどの処置はいりません。
歯の表面に薬剤を塗布し、表面処理をした後、シーラント剤を埋めていきます。

ただし、効果は永久に続くわけではありません。時間が経つと外れてしまう事もあるため、定期検診と合わせて、シーラントのチェックをしてもらうようにしましょう。

シーラントは虫歯予防効果ありますが、100%虫歯を予防できるわけではありません。
シーラントを付けているかどうかに関わらず、毎日の丁寧な歯磨きや定期検診を受け、虫歯予防をしてく事が大切です。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療だけでなく、矯正を希望している方や矯正中の方の虫歯予防についてもご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com

2019年3月13日

矯正治療中は、痛みが出る事があります。
「歯が動く痛み」「ものを噛むときの痛み」「装置が当たる痛み」が考えられます。

虫歯がズキズキするような痛みではありませんが、歯が押されるような痛みを感じる事があるようです。

特に痛みを強く感じるのは、矯正装置を装着した直後です。

矯正装置装着後は、装着した日〜翌日夜くら
いまでに痛みのピークを迎え、その後は徐々に痛みが和らいできます。
1週間もすれば、ほぼ治ってくる事が多いでしょう。

矯正中の痛みは、食事の工夫で楽になります。
治療中は、硬いものや噛みごたえがあるものは避けるのが良いでしょう。
特に装置装着直後は、おかゆやスープ、うどんなど、噛む力があまり要らないものを食べるようにしましょう。

強いストレスを感じていると、痛みに敏感になります。
歯科医院で処方された痛み止めを飲んで、できるだけリラックスして過ごすように心がけましょう。

また、どうしても 痛みが強い場合には、我慢せずに受診する事も大切です。
痛みの原因を自己判断する事は難しいです。
装置が当たる痛みなどは、装置を調整するだけで、すぐに改善する事もあります。
辛い時には、遠慮せず歯科医院に相談しましょう。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com

2019年3月 6日

歯磨きは、いくら丁寧に行なっていても、汚れが取れていなければ意味がありません。
きちんと汚れが取れるように、適切な歯磨き方法を実践する事が大切です。

患者さんそれぞれ、自分に合った適切な方法がありますので、歯科医院のブラッシング指導を受けるのがおすすめです。

特に矯正治療中は、装置が付いているので、装置周辺に汚れが溜まりやすくなっています。
虫歯や歯周病のリスクが高くなるので、より注意して磨かなくてはなりません。

今日は基本の歯磨き方法を紹介します。
基本の歯磨き方法にプラスして自分に合った歯磨き方法を組み合わせていくのがベストです。

【基本の歯磨き方法】
・歯ブラシは、5mm〜10mm程度を目安に1歯ずつ小刻みに動かすようにして磨く
・歯ブラシを当てる力は、歯ブラシの毛先が曲がらない程度の軽い力
・歯ブラシは鉛筆を持つ持ち方(ペングリップ)で持つ
グーの形で握るようにしっかりと持つと、磨く力が強すぎてしまう事があります。

矯正治療の場合は、装置と歯の間に毛先を入れ込むようにして磨くなど、汚れが落とせるように工夫しなければなりません。

矯正装置用の山型や谷型の歯ブラシを使うと効率的に汚れが取れる事があります。
矯正装置に状態に合った歯磨き方法指導を受けるようにしましょう。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療中の虫歯予防についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com

2019年2月27日

矯正治療は、慌ててしなくても大丈夫です!
「できるだけ早く矯正治療をした方が良いのでは?」

と不安を感じる親御さんも多いですが、矯正治療は急いで行わなくても大丈夫です。
そもそも、矯正治療は、緊急を要するような事はほとんどありません。
治療開始時期・治療方法をじっくりと検討してから、矯正治療を始める余裕は十分にあります。

十分な検討を重ねずに、慌てて矯正治療を始めた結果、治療期間が延びてしまうリスクや、歯並びが後戻りしてしまうリスクが増加してしまうのは良くありません。

特に子供の矯正治療の場合には、骨の成長や生え替わりの影響、親知らずの影響などを考慮して、矯正治療計画を立てる必要があります。
治療開始時期や治療方法を歯科医師と共にしっかり検討し、十分に納得した上で矯正治療を始める事が大切なのです。

矯正治療の開始時期は、患者さんそれぞれのお口の状況によって、適切な時期があります。

早いうちから矯正を検討するのがいけないのではありません。
まだ子供が小さなうちから、歯並びに不安を感じている場合には、早めに矯正相談をしていただき、そこから適切な開始時期をじっくり考えていくのが良いでしょう。
相談しておく事で、心に余裕を持って、子供の歯並びを見守る事ができます。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com

2019年2月20日

矯正治療中に歯周病になってしまった場合には、矯正装置を一旦外して、先に歯周病の治療を優先しなければなりません。
矯正治療が計画的に進められなくなり、治療期間が延びてしまう可能性があります。

歯周病は、歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされていく病気です。
歯槽骨の吸収が進んでいるにも関わらず、矯正治療を進めてしまうと、骨吸収を促進させてしまう可能性があります。骨の破壊が大きければ、抜歯の可能性も出てきてしまうでしょう。
しっかり歯周病を治してから、矯正治療を行わなければなりません。

歯周病がまだ初期の段階で、炎症が歯ぐきに限局している「歯肉炎」の場合には、歯石を除去し、きちんとプラークコントロールをすれば、比較的早く治す事ができます。

成人の約8割が歯周病に罹患している、もしくはその予備軍だと言われています。
矯正治療中、歯周病になってしまう事が無いように、毎日丁寧に歯磨きを行う事が大切です。矯正治療の通院の中でも、矯正治療中の歯磨き方法をレクチャーしますので、"きちんと磨ける方法"で歯磨きを行いましょう。

矯正治療を希望する場合に、治療前に歯周病が無く、お口の中がコントロールできている状態であることも大切です。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com

2019年2月13日

しっかり噛めるお口の中を作る事はとても大切です。
歯並びや噛み合わせが悪いと、見た目が悪いだけでなく、しっかり噛む事ができません。
食事をしっかり噛んで食べられないだけでなく、虫歯や歯周病のリスクが増加するなどの悪影響もあります。
しっかり噛めるという事は、お口や身体の健康を維持する事に繋がります。

噛む事の効用をまとめて紹介します。
【しっかり噛むことで得られる効用】
・ 唾液がよく分泌され、唾液によるお口の中の汚れを洗い流す「自浄作用」や「抗菌作用」が発揮され、虫歯や歯周病の予防になる
・ しっかり噛むと、脳の満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぎます。
・ よく噛むことで、消化酵素がたくさん分泌されて、胃腸の働きを助けます。
・ お口の周りの筋肉が鍛えられ、発音がきれいになります。口角が上がり口元の皺が目立たなくなるなどの若返り効果もあります。
・ しっかり噛めることで、身体のバランス良くなります。肩や首がこる場合や、理由がわからない頭痛がある場合、噛み合わせの歪みが原因になっている事があります。

矯正治療で、しっかり噛めるお口にする事は、見た目を良くするだけでなく、お口や身体の健康を維持する事に繋がるという事がわかります。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com


浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。