«  2019年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 歯間ブラシの使用方法 | メイン | 矯正中、虫歯ができてしまったら »

2018年10月31日

接客業など、人と接する仕事をしている方にとって、矯正装置の見た目はとても気になる問題ではないでしょうか。

一般的な矯正治療法で、良く知られているのは「ブラケット矯正」ですが、ブラケットという装置を歯の表面に装着し、ワイヤーを通して矯正をするため、装置が目立ってしまいます。
そのような問題が気になる時には、「目立たない矯正治療」を選択する事をおすすめします。

「目立たない矯正治療」には、透明や白色のブラケットを使った装置を使う「審美ブラケット矯正」や、裏側にブラケットを取り付ける「裏側ブラケット矯正」透明のマウスピースを使った「マウスピース矯正」があります。

・ 審美ブラケット矯正
白や透明色の目立たない色のブラケットを使用した矯正方法です。ワイヤーも白色の目立たないものもあります。

・ 裏側ブラケット矯正
歯の裏側にブラケットを装着する方法です。表からは見えないので、周囲から気付かれずに治療をする事ができます。装置に舌が触れやすいので、慣れるまでは違和感を感じたり、発音がしづらくなる事があります。

・ マウスピース矯正
ブラケットやワイヤーを使わず、透明なマウスピースを装着して、歯を動かす方法です。治療できる症例が限られています。

このような「目立たない矯正治療」では、装置の見た目を気にする事なく、矯正治療を受ける事ができます。仕事などで、見た目が気になるという方でも安心です。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.yoihanarabi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1221

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。