«  2019年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

« ブラケット矯正、装置の種類まとめ | メイン | しっかり噛める事の大切さ »

2019年2月 6日

虫歯や歯周病から歯を守るためには、定期検診が大切です。
虫歯や歯周病は、進行してから慌てて歯科医院を受診するのではなく、進行する前に「予防」をする事が、歯の健康を維持する秘訣です。

定期検診を受け、口腔内のチェックとクリーニングなどの管理を行う事で、虫歯や歯周病をする事ができます。そして、虫歯や歯周病に罹患してしまった場合にも、早期発見する事ができ、進行する前に早期治療をする事がでいます。

定期検診の受診頻度は、人によって適切な頻度があります。
一般的に、歯やお口に問題が無い場合でも6ヶ月に1度程度は受診をおすすめしています。
歯ぐきや歯にトラブルを抱えており、経過観察を兼ねている場合には、1ヶ月〜3ヶ月に1回程度、受診をした方が良い場合があります。そのような場合には、歯科医師の指示通りの頻度で、受診をするようにしましょう。
子供の場合は、虫歯の進行が早いため、3ヶ月に1回程度の受診をおすすめします。

矯正治療中は、装置の調整で1ヶ月に1回程度受診を必要とします。(マウスピース矯正の場合には、1ヶ月〜3ヶ月に1回程度の場合もあり)
装置の調整の際に、同時に口腔内をチェックしてもらう事もできるため、歯やお口に異常があれば、早期発見をする事ができます。

矯正治療後は、きれいになった歯並びを固定・維持させるための保定期間で定期的な受診が必要となりますが、保定期間が終わると、定期的に受診をする習慣が無くなってしまう事があります。

矯正治療後も、きれいになった歯並びと、お口の健康を守るために、定期検診を受ける用意しましょう。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療中、は矯正治療後の
予防歯科についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoihanarabi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1235

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。