«  2019年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2019年2月27日

矯正治療は、慌ててしなくても大丈夫です!
「できるだけ早く矯正治療をした方が良いのでは?」

と不安を感じる親御さんも多いですが、矯正治療は急いで行わなくても大丈夫です。
そもそも、矯正治療は、緊急を要するような事はほとんどありません。
治療開始時期・治療方法をじっくりと検討してから、矯正治療を始める余裕は十分にあります。

十分な検討を重ねずに、慌てて矯正治療を始めた結果、治療期間が延びてしまうリスクや、歯並びが後戻りしてしまうリスクが増加してしまうのは良くありません。

特に子供の矯正治療の場合には、骨の成長や生え替わりの影響、親知らずの影響などを考慮して、矯正治療計画を立てる必要があります。
治療開始時期や治療方法を歯科医師と共にしっかり検討し、十分に納得した上で矯正治療を始める事が大切なのです。

矯正治療の開始時期は、患者さんそれぞれのお口の状況によって、適切な時期があります。

早いうちから矯正を検討するのがいけないのではありません。
まだ子供が小さなうちから、歯並びに不安を感じている場合には、早めに矯正相談をしていただき、そこから適切な開始時期をじっくり考えていくのが良いでしょう。
相談しておく事で、心に余裕を持って、子供の歯並びを見守る事ができます。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com

2019年2月20日

矯正治療中に歯周病になってしまった場合には、矯正装置を一旦外して、先に歯周病の治療を優先しなければなりません。
矯正治療が計画的に進められなくなり、治療期間が延びてしまう可能性があります。

歯周病は、歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされていく病気です。
歯槽骨の吸収が進んでいるにも関わらず、矯正治療を進めてしまうと、骨吸収を促進させてしまう可能性があります。骨の破壊が大きければ、抜歯の可能性も出てきてしまうでしょう。
しっかり歯周病を治してから、矯正治療を行わなければなりません。

歯周病がまだ初期の段階で、炎症が歯ぐきに限局している「歯肉炎」の場合には、歯石を除去し、きちんとプラークコントロールをすれば、比較的早く治す事ができます。

成人の約8割が歯周病に罹患している、もしくはその予備軍だと言われています。
矯正治療中、歯周病になってしまう事が無いように、毎日丁寧に歯磨きを行う事が大切です。矯正治療の通院の中でも、矯正治療中の歯磨き方法をレクチャーしますので、"きちんと磨ける方法"で歯磨きを行いましょう。

矯正治療を希望する場合に、治療前に歯周病が無く、お口の中がコントロールできている状態であることも大切です。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com

2019年2月13日

しっかり噛めるお口の中を作る事はとても大切です。
歯並びや噛み合わせが悪いと、見た目が悪いだけでなく、しっかり噛む事ができません。
食事をしっかり噛んで食べられないだけでなく、虫歯や歯周病のリスクが増加するなどの悪影響もあります。
しっかり噛めるという事は、お口や身体の健康を維持する事に繋がります。

噛む事の効用をまとめて紹介します。
【しっかり噛むことで得られる効用】
・ 唾液がよく分泌され、唾液によるお口の中の汚れを洗い流す「自浄作用」や「抗菌作用」が発揮され、虫歯や歯周病の予防になる
・ しっかり噛むと、脳の満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぎます。
・ よく噛むことで、消化酵素がたくさん分泌されて、胃腸の働きを助けます。
・ お口の周りの筋肉が鍛えられ、発音がきれいになります。口角が上がり口元の皺が目立たなくなるなどの若返り効果もあります。
・ しっかり噛めることで、身体のバランス良くなります。肩や首がこる場合や、理由がわからない頭痛がある場合、噛み合わせの歪みが原因になっている事があります。

矯正治療で、しっかり噛めるお口にする事は、見た目を良くするだけでなく、お口や身体の健康を維持する事に繋がるという事がわかります。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com


2019年2月 6日

虫歯や歯周病から歯を守るためには、定期検診が大切です。
虫歯や歯周病は、進行してから慌てて歯科医院を受診するのではなく、進行する前に「予防」をする事が、歯の健康を維持する秘訣です。

定期検診を受け、口腔内のチェックとクリーニングなどの管理を行う事で、虫歯や歯周病をする事ができます。そして、虫歯や歯周病に罹患してしまった場合にも、早期発見する事ができ、進行する前に早期治療をする事がでいます。

定期検診の受診頻度は、人によって適切な頻度があります。
一般的に、歯やお口に問題が無い場合でも6ヶ月に1度程度は受診をおすすめしています。
歯ぐきや歯にトラブルを抱えており、経過観察を兼ねている場合には、1ヶ月〜3ヶ月に1回程度、受診をした方が良い場合があります。そのような場合には、歯科医師の指示通りの頻度で、受診をするようにしましょう。
子供の場合は、虫歯の進行が早いため、3ヶ月に1回程度の受診をおすすめします。

矯正治療中は、装置の調整で1ヶ月に1回程度受診を必要とします。(マウスピース矯正の場合には、1ヶ月〜3ヶ月に1回程度の場合もあり)
装置の調整の際に、同時に口腔内をチェックしてもらう事もできるため、歯やお口に異常があれば、早期発見をする事ができます。

矯正治療後は、きれいになった歯並びを固定・維持させるための保定期間で定期的な受診が必要となりますが、保定期間が終わると、定期的に受診をする習慣が無くなってしまう事があります。

矯正治療後も、きれいになった歯並びと、お口の健康を守るために、定期検診を受ける用意しましょう。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療中、は矯正治療後の
予防歯科についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com

« 2019年1月 | メイン | 2019年3月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。