«  2019年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

« 切端咬合とは | メイン | 定期検診はどのくらいの頻度で受診すればよいのか? »

2019年1月30日

矯正治療は、その方法によってさまざまな矯正装置があります。
今日は、ブラケット矯正の装置の種類をまとめて紹介します。

ブラケット矯正は最も一般的な矯正方法です。
歯に直接、「ブラケット」という装置を装着して、ワイヤーを通し、歯を動かしていきます。
様々な歯並びに対応できる方法です。
ブラケット矯正は、装着部位や材料によって次の3種類の方法があります。

(1) 金属ブラケット矯正
一般的なブラケット矯正です。
金属のブラケットを歯の表面につけて、ワイヤーを通し、歯を動かす方法です。
確実に歯を動かす事ができますが、装置がギラギラと目立ってしまうのが難点です。

(2) 審美ブラケット矯正
審美性が高いブラケットを使った矯正方法です。
ブラケットは、白色や透明のプラスチック、セラミックを使ったものなどがあります。
金属ブラケット比較して、装置が目立ちません。
ただし、金属ブラケットより高額になる場合があります。

(3) 裏側ブラケット矯正
歯の裏側にブラケット装置を装着する矯正法です。「舌側矯正」とも言われます。
装置が見えにくくなるため、見た目を気にする必要がありません。
ただし、舌が触れる位置に装置がくるため、最初は違和感を強く感じます。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoihanarabi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1234

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。