«  2019年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 矯正治療中のホワイトニング | メイン | 切端咬合とは »

2019年1月16日

歯の裏側にブラケット装置を装着する「裏側矯正」は、従来の表側矯正と比較して、虫歯リスクが低いという特徴があります。

ブラケット矯正法は、歯に装置を装着するため、装置周辺に汚れが溜まりやすくなり、虫歯のリスクが高くなります。ですが、裏側矯正の場合には、表側矯正よりも多少虫歯リスクが低くなると言われています。

理由は唾液の作用によるものです。
唾液には、抗菌作用や、お口の中の汚れを洗い流す自浄作用など、虫歯から歯を守るための作用がもともと備わっています。

舌の下あたりの舌下腺という唾液がたくさん分泌される唾液線があります。
歯の裏側は、唾液の作用による良い影響を受けやすいため、虫歯のリスクが低くなるのです。

とはいえ、ブラケット矯正をしている間には、装置周辺がどうしても磨きにくく、汚れが溜まりやすくなります。
裏側矯正は虫歯リスクが少なくなるとはいえ、ブラッシング必要不可欠ですので、毎日のケアは丁寧に行いましょう。

裏側矯正は、「装置の見た目が目立たない」というメリットに加えて、このように「虫歯リスクが少なくなる」というメリットもあります。
矯正装置を検討する際の参考にすると良いと思います。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoihanarabi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1232

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。