«  2019年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« リテーナーを使用する時の注意点 | メイン | 矯正治療中のホワイトニング »

2019年1月 2日

子供が将来の歯並びを早くから心配する親御さんは、たくさんいます。
乳歯のうちから心配になる事も多いでしょう。
歯並びや噛み合わせの状態によっては、乳歯のうちから歯並びをよくするための治療を開始した方が良い場合があるのは事実ですが、気にしなくても良い歯並びもあるので紹介します。

気にしなくても良い乳歯の歯並びは
「乳歯列の歯の隙間」です。

歯と歯の間に隙間が空いている歯並びを「空隙歯列」と言い、見た目への影響や、隙間から空気が漏れて発音が悪くなるなどの影響があります。
永久歯の空隙歯列は、矯正治療の対象になりますが、乳歯列では、全く気にする必要がありません。

乳歯列の歯の隙間は、スムーズに永久歯に生え替わるために必要な空隙です。
乳歯の大きさは、赤ちゃんの時から変わらないのに対して、子供の顎は成長していきますので、徐々に隙間が目立つようになってきます。

この隙間がある事で、乳歯より大きい永久歯が生えてきた時に、歯がうまく並ぶようになるのです。

逆に全く隙間の無い乳歯列は、永久歯が生えてきた時に、顎の大きさと永久歯のアンバランスにより、歯並びがガタガタになってしまうケースもあります。
乳歯列の頃から、かかりつけの歯医者さんを持ち、必要であれば適切な時期から矯正治療を始められるようにすると安心です。

もちろん、矯正が必要でないケースも多いですので、歯の生え替わり時期を一緒に見守っていけるよいですね。

当院では、矯正治療を行っております。お子様の歯並びの事でご不安な事がございましたらお気軽
にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoihanarabi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1230

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。