«  2019年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 矯正治療中の喫煙 | メイン | 乳歯列の歯の隙間 »

2018年12月26日

リテーナー は「保定装置」とも言われる装置で、矯正治療で動いた歯が、元の位置に戻らないように固定させるための装置です。

矯正直後、歯は元の位置に戻ろうとする力があるので、安定するまでは、リテーナーを使用します。
今日はリテーナーを使用する時の注意点を解説します。
リテーナーを破損したり、紛失したりする事のないよう、次の点に注意しましょう。

1. リテーナーの洗浄
リテーナーは、スポンジや柔らかいブラシを使って、丁寧にこすり洗いをします。
歯磨き粉つける必要はありません。
また、お湯を使うと変形する可能性があるので、水を使うようにしましょう。

2. リテーナーの保管
リテーナーは紛失しないように管理しなければいけません。
リテーナーは、1日のうちで装着しなければいけない時間が決められています。お口の中の状況によって、歯科医師の指示通りの時間装着します。
リテーナーを外した時は、専用のケースに入れて保管するようにして、紛失しない様に注意しましょう。

3. 食べてはいけないもの
ガムなどの粘着性があるものや、噛みごたえがあるものは、リテーナーを破損する恐れがあります。控えるようにしましょう。
矯正治療期間中を経て、食べやすい食べ物、食べにくい食べ物を把握してきている事だと思います。食べにくい食べ物は、無理な力が加わり、破損に繋がりますので、食べやすいものを選ぶのが良いでしょう。

リテーナー装着期間は、歯並びを維持するために、とても大切な期間です。
リテーナーを破損・紛失する事が無いよう、管理は十分に注意しましょう。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoihanarabi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1229

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。