«  2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« キシリトールは歯にいいの? | メイン | 矯正治療中の喫煙 »

2018年12月12日

毎日の歯磨きはほとんどの方が習慣になっていると思います。
では、「舌の汚れ」を気にした事はありますか?

実は、舌の表面には、歯と同じように、たくさんの汚れが付着します。鏡の前で自分の舌を観察してみてください。舌の表面に白っぽい(もしくは黄色っぽい)汚れが付いていませんか?汚れの正体は、剥がれた細胞や、細菌です。口臭の原因にもなりますので、時々「舌みがき」をして取り除くのが良いでしょう。

舌みがきをする時には、舌専用のブラシまたは、柔らかめの歯ブラシで、やさしく汚れをぬぐうようにして、数回、奥から手前に擦り取るようにします。

くれぐれも、強くゴシゴシと何度も擦らないようにしてください。強く擦りすぎると、舌を傷つけてしまう恐れがあります。口内炎の原因になる場合や、かえって口臭がひどくなるようなケースもあるので、十分に注意しましょう。1日1回の舌みがきで十分です。

場合によっては、擦っても擦っても、舌に付いている白い汚れが取れない事があるかもしれませんが、1回の舌みがきで全て取る必要はありません。擦りすぎないようにする事が大切ですので、汚れが残っていてもあまり気にしないようにしましょう。毎日、少しずつ摂れれば十分です。

矯正治療中は、装置の隙間等に汚れが溜まり、いつもよりも口臭を強く感じる事があるかもしれません。「舌の汚れ」も口臭の原因になりますので、口臭が気になる場合は、装置周辺の汚れを丁寧に取るのと同時に、舌の汚れも意識して取り除いてみましょう。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療中のお口の清掃方法などご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoihanarabi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1227

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。