«  2018年12月 5日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年12月 5日

「キシリトール」という成分名を聞いた事がある人は多いのでは無いでしょうか。ガムなどに含まれる事が多く、"歯に良いガム"として、数多く市販されています。
では、"歯に良い"とは、どういう事なのでしょうか。

キシリトールの作用について解説したいと思います。

「キシリトール」とは、糖アルコールの一種で、甘味炭水化物を意味しています。イチゴやナス、レタスなど、私達が日頃口にする食品の中にも含まれている安全な物質です。

砂糖と同じように、甘みを感じる成分でありながら、虫歯の原因とならない、という特徴があります。
キシリトールは、砂糖と違い、虫歯菌の栄養源になりません。虫歯の原因となる酸を作り出さないのです。しかも、ミュータンス菌は、キシリトールを菌体内に取り込む事で、菌の活性が弱まります。

また、キシリトールガムを食べる事で、唾液の分泌が促進され、歯の再石灰化が促進されます。

キシリトールは、身体にとって、害が無い成分ですが、過剰に摂取しすぎると、お腹がゆるくなる事があります。1日1回でも取り入れるだけでも、効果は現われてきます。食べただけ良いわけではありませんので、食べ過ぎないように注意しましょう。
まだガムを食べないお子様には、タブレットの形をしたキシリトールもおすすめです。与えすぎないように、保護者がしっかり管理するようにしましょう。

当院では、矯正治療を行っております。お口や歯についての疑問などもお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

« 2018年11月28日 | メイン | 2018年12月12日 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。