«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 歯並びは遺伝するの? | メイン | 裏側矯正のメリットとデメリット »

2018年11月21日

矯正治療中、着色汚れが目立つ事があります。矯正治療中は、歯を鏡で見る機会も多く、口元に目がいきやすいので、着色汚れが目につくようになります。

ブラケット矯正の場合には、ワイヤーをブラケットに固定する時に使うゴムは、色素が染み込みやすいため、使用していくうちに色素汚れが目立つようになる事があります。定期的に交換するものですが、着色が気になる場合には、着色しやすい飲食物を避け、食事をした後、歯磨き、もしくは口をゆすぐ習慣を付けるようにすると、着色が付きにくくなります。

ブラケットを装着していると、装置と歯の隙間など、汚れが溜まりやすくなります。そのため、着色汚れもつきやすい状態になっています。全てではありませんが、毎日の丁寧な歯磨きで、歯や装置への着色汚れを防ぐ事ができます。それでも気になる着色は、定期的に歯科医院でクリーニングを受けて、除去してもらうのが良いでしょう。

マウスピース矯正の場合には、マウスピース自体が着色してしまう事があります。着色を防止するため、また食べ物の汚れが付着するのを防ぐために、食事をする時には、マウスピースを外すようにしましょう。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoihanarabi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1224

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。