«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 接客業をしている方におすすめの矯正治療 | メイン | 歯並びは遺伝するの? »

2018年11月 7日

矯正治療中、もし虫歯ができてしまったら、矯正治療、虫歯治療はどのようにしたら良いのでしょうか。

矯正治療中は、虫歯ができやすい環境になります。特にブラケット矯正など、歯に固定するタイプの矯正装置は、歯と装置の間などに汚れが溜まりやすく、虫歯のリスクが高くなります。

矯正治療中に虫歯になってしまった場合、器具を外さずに治療ができる軽度のものであれば、装置はそのままにして対処をしていきます。また、虫歯が軽度で経過観察ができる状態であれば、様子を見て、治療を後回しにする事があります。
しかし、虫歯が大きくなってしまっている場合、ワイヤーが邪魔になってそのままでは虫歯の治療ができない場合には、装置を一度外し、矯正を一旦お休みして、虫歯の治療を行います。

歯科医院では、矯正治療中の歯みがき指導や、みがき残しが除去できる歯のクリーニング(PMTC)を行っています。矯正治療中、虫歯ができてしまうと、治療を中断しなければならない事もあります。それに、せっかく矯正治療で歯並ぶが整っても、虫歯だらけの歯になってしまっては、とても残念です。いつも以上の虫歯予防を意識するようにしましょう。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoihanarabi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1222

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。