«  2018年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年11月28日

一般的なブラケット矯正では、装置を歯の表側に装着するため、装置が目立ってしまいます。裏側矯正とは、歯の裏側から矯正する"見えない矯正"です。矯正装置が歯の表側に全く表れないので、周囲に気付かれる事なく矯正をする事ができます。
矯正治療中、見た目が気になる方におすすめの「裏側矯正」について、メリットとデメリットを解説していきたいと思います。

<裏側矯正のメリット>
・ 目立たない
一番のメリットは、装置が目立たない事です。従来の矯正方法で、装置が目立つのが嫌で、治療を躊躇していた方でも安心して治療を受ける事ができます。

・ 舌癖を矯正しやすい
裏側矯正の場合、装置が舌の触れる位置にくるため、舌の動きが制限されます。歯並びが悪くなる原因のひとつに「舌癖」があげられます。前歯を舌で押す癖などがある場合、舌癖を治すトレーニングが必要になりますが、裏側矯正の場合は、自然と舌壁の矯正を行う事ができます。

・ 虫歯になりにくい
矯正装置を装着すると、汚れが溜まりやすくなるため、虫歯のリスクが高くなりますが、裏側矯正は、表側矯正よりも虫歯になりにくいと言われています。
歯の裏側は、表側よりも唾液が多く循環しているため、唾液の作用により、虫歯になりにくくなるのです。

・ 口内炎になりにくい
表側矯正の場合、装置が触れて頬に傷ができてしまい、口内炎を作ってしまう事がありますが、裏側構成の場合、装置は粘膜にふれにくいため、口内炎をつくりにくくなります。

・ 治療中でもホワイトニングができる
裏側矯正であれば、歯の表側にホワイトニング剤を塗布する事ができるので、矯正治療をしている最中でも、ホワイトニング治療を受ける事ができます。

<裏側矯正のデメリット>
・ 表側矯正よりも費用が高くなる事がある
矯正費用は歯科医院によって異なりますが、基本的に表側矯正よりも裏側矯正の方が高くなる事が多いです。

・ 発音がしづらい
舌側に装置がくるため、慣れるまでは発音がしづらい事や、違和感を感じる事があります。

・ 全ての歯科医院でできるわけではない
裏側矯正は、一般的な矯正方法よりも、専門性・難易度が高いため、まだ実績の少ない歯科医院も多いです。行っていない歯科医院もあります。

以上が、裏側矯正のメリットとデメリットです。歯並びの状態によっては、表側矯正をおすすめする場合もありますので、歯科医師とよく相談するようにしましょう。

当院では、裏側矯正を含め、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

2018年11月21日

矯正治療中、着色汚れが目立つ事があります。矯正治療中は、歯を鏡で見る機会も多く、口元に目がいきやすいので、着色汚れが目につくようになります。

ブラケット矯正の場合には、ワイヤーをブラケットに固定する時に使うゴムは、色素が染み込みやすいため、使用していくうちに色素汚れが目立つようになる事があります。定期的に交換するものですが、着色が気になる場合には、着色しやすい飲食物を避け、食事をした後、歯磨き、もしくは口をゆすぐ習慣を付けるようにすると、着色が付きにくくなります。

ブラケットを装着していると、装置と歯の隙間など、汚れが溜まりやすくなります。そのため、着色汚れもつきやすい状態になっています。全てではありませんが、毎日の丁寧な歯磨きで、歯や装置への着色汚れを防ぐ事ができます。それでも気になる着色は、定期的に歯科医院でクリーニングを受けて、除去してもらうのが良いでしょう。

マウスピース矯正の場合には、マウスピース自体が着色してしまう事があります。着色を防止するため、また食べ物の汚れが付着するのを防ぐために、食事をする時には、マウスピースを外すようにしましょう。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

2018年11月14日

歯並びは、遺伝による影響と、生活習慣による影響を受けます。

子は親から、顎の骨の形や大きさ、また歯の大きさや質などを引き継ぎます。そのため、骨格が影響する歯並びは、親から遺伝の影響を受ける可能性が高くなります。親の歯並びが悪かった場合、子の歯並びが悪くなる可能性もあるという事です。

例えば、下顎の骨が大きく成長した場合の「受け口(下顎前突)」や、上顎の骨が大きく成長した「出っ歯(上顎前突)」、顎の大きさと歯の大きさの不均等が原因の「叢生(乱杭歯)」などは、遺伝の影響を受ける場合があります。

ただし、遺伝の影響があるからといって、必ずしも遺伝するわけではありません。生活習慣による影響も大きいのが実際です。
小さな頃から硬いものをしっかり噛んで食べる習慣があるかどうか、舌の癖や口呼吸があるか、といった要素も大きく影響します。

ご両親が、歯並びが悪い場合、矯正治療経験がある場合は、お子さんの歯並びが気になる事だと思います。歯並びは、遺伝と生活習慣、双方の影響を受けるものです。矯正治療の開始時期は、早ければ良いというものではありませんが、お子さんの歯並びが心配な場合は、早めに相談していただくのが良いでしょう。生活習慣の改善など、治療を開始する前に始められる事があるかもしれません。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

2018年11月 7日

矯正治療中、もし虫歯ができてしまったら、矯正治療、虫歯治療はどのようにしたら良いのでしょうか。

矯正治療中は、虫歯ができやすい環境になります。特にブラケット矯正など、歯に固定するタイプの矯正装置は、歯と装置の間などに汚れが溜まりやすく、虫歯のリスクが高くなります。

矯正治療中に虫歯になってしまった場合、器具を外さずに治療ができる軽度のものであれば、装置はそのままにして対処をしていきます。また、虫歯が軽度で経過観察ができる状態であれば、様子を見て、治療を後回しにする事があります。
しかし、虫歯が大きくなってしまっている場合、ワイヤーが邪魔になってそのままでは虫歯の治療ができない場合には、装置を一度外し、矯正を一旦お休みして、虫歯の治療を行います。

歯科医院では、矯正治療中の歯みがき指導や、みがき残しが除去できる歯のクリーニング(PMTC)を行っています。矯正治療中、虫歯ができてしまうと、治療を中断しなければならない事もあります。それに、せっかく矯正治療で歯並ぶが整っても、虫歯だらけの歯になってしまっては、とても残念です。いつも以上の虫歯予防を意識するようにしましょう。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

« 2018年10月 | メイン | 2018年12月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。