«  2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 虫歯予防の考え方 | メイン | 歯並びが悪いと、歯周病になりやすい? »

2018年10月 3日

マウスピース矯正とは、透明のマウスピースを装着し、決まった期間ごとに付け替えて、歯並びを整える方法です。
装置が透明で目立たないため、矯正装置の見た目が気になる方におすすめの矯正方法です。
また、取り外しができるので、食事をする時や、歯磨きをする時に装置を外す事ができます。装置のわずらわしさを感じる事なく、美味しく食事をとる事ができます。

簡単に取り外しができる事はメリットですが、デメリットにもなります。正しく矯正装置を取り扱わなければ、計画どおりに矯正治療の効果が現われません。

マウスピース矯正をする際には、装置を正しく取り扱うようにしましょう。注意するべきポイントをまとめると次のようになります。

・ 装着時間を守る
取り外しができるからといって、外してばかりではいけません。
装置の装着時間は、20時間以上を基本としています。食事の時と、歯磨きの時以外は、装着しているようにしましょう。

・ 装置の交換時期を守る
マウスピース矯正は、装置を決まった時期に交換する必要があります。指示どおりの日にきちんと交換をするようにしましょう。

・ 食事の時には外す
食事の時、マウスピースをしたままだと、食材が入り込んで、マウスピースが汚れ、着色しやすくなります。また、細菌が繁殖し虫歯の原因となる事もあります。食事の時は、外すようにしましょう。

・ 清掃をし、清潔に保つ
マウスピースも、歯と同じように汚れますので、歯磨きの際、マウスピースも清掃するようにしましょう。
ブラシで強くこすると、マウスピースに傷を作ってしまう事もあります。
マウスピースの種類によって、推奨する清掃方法が多少異なる事がありますので、確認しておくようにしましょう。

マウスピース矯正は、適応できない症例もありますので、ご希望がある場合には、一度歯科医院に相談するようにしましょう。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoihanarabi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1217

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。