«  2018年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年10月31日

接客業など、人と接する仕事をしている方にとって、矯正装置の見た目はとても気になる問題ではないでしょうか。

一般的な矯正治療法で、良く知られているのは「ブラケット矯正」ですが、ブラケットという装置を歯の表面に装着し、ワイヤーを通して矯正をするため、装置が目立ってしまいます。
そのような問題が気になる時には、「目立たない矯正治療」を選択する事をおすすめします。

「目立たない矯正治療」には、透明や白色のブラケットを使った装置を使う「審美ブラケット矯正」や、裏側にブラケットを取り付ける「裏側ブラケット矯正」透明のマウスピースを使った「マウスピース矯正」があります。

・ 審美ブラケット矯正
白や透明色の目立たない色のブラケットを使用した矯正方法です。ワイヤーも白色の目立たないものもあります。

・ 裏側ブラケット矯正
歯の裏側にブラケットを装着する方法です。表からは見えないので、周囲から気付かれずに治療をする事ができます。装置に舌が触れやすいので、慣れるまでは違和感を感じたり、発音がしづらくなる事があります。

・ マウスピース矯正
ブラケットやワイヤーを使わず、透明なマウスピースを装着して、歯を動かす方法です。治療できる症例が限られています。

このような「目立たない矯正治療」では、装置の見た目を気にする事なく、矯正治療を受ける事ができます。仕事などで、見た目が気になるという方でも安心です。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

2018年10月24日

歯間ブラシを使った事はありますか?歯間ブラシは、歯と歯の間部分の汚れを落とすのに効果的な清掃用具です。

矯正中は、特に丁寧な歯磨きが必要です。
一般的な矯正方法、歯に固定して装着するタイプのブラケット矯正の場合、装置を一度装着すると、簡単に外す事はできません。矯正装置を付けていると、歯との隙間など、汚れが溜まりやすくなりますので、普段の歯磨きよりも入念に時間をかけて歯磨きをしなくてはなりません。

矯正治療中に、仮に虫歯が出来てしまうと、場合によっては、一度装置を外して、矯正を中断しなくてはいけない場合もあります。そうなると、計画どおりに治療が進まなくなってしまいます。それに、せっかく歯ならびがキレイになっても、歯が虫歯だらけになってしまっては、悲しいですよね。

歯間ブラシは、矯正治療中の歯磨きにも効果的に使用できます。歯の隙間のサイズに合った歯間ブラシを使い、歯と歯の隙間に沿わせるようにして、数回往復させるようにします。
装置が付いていると、歯間ブラシを挿入しにくい箇所もあると思います。自分の歯に合ったサイズの歯間ブラシを使用するようにしましょう。受診時に、歯科衛生士に、歯間ブラシのサイズを確認してもらうと安心です。

矯正治療中は、歯間ブラシの他にも、毛が1列の歯ブラシや、毛が山型になった歯ブラシなど、いくつかの種類の清掃用具を使い分け、装置の隙間まで丁寧に磨くようにしていきましょう。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療中の予防歯科についてなど、ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

2018年10月17日

歯周病というと、高齢の人がかかるイメージを持っている方が居るかもしれませんが、そうではありません、年齢問わず、誰でも感染し、発症する可能性のある病気です。もちろん子どもにも感染する事があります。

歯周病は、進行すると歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてしまい、最終的には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。歯がグラグラするなどの症状は、重度にまで進行してから起こる事が多いため、それまでは歯周病の症状に気がつきにくい事があります。子どもが歯周病に感染しても、グラグラして抜け落ちるまで進行する事はほぼありませんので、イメージがつきにくいのでしょう。

子どもが歯周病菌に感染すると、まずは「歯肉炎」の症状が出ます。歯ぐきが赤く腫れて、歯みがきの時などに出血が見られるようになります。
歯肉炎の状態が続くようになると、20歳、30歳代になってから、歯槽骨が破壊される「歯周炎」に移行する可能性が高くなります。

歯周病菌は、唾液を介して感染します。食器の共用や、歯ブラシの接触、キスなどのスキンシップによって感染する可能性があります。同居している家族から感染する事が多いので、家族皆で歯周病予防をする事が大切です。
大人は、自分のお口を歯周病から守る事は、子どものお口を守る事にもつながる事を認識していけると良いと思います。
歯周病は、初期の段階では自覚症状が少ない病気です。痛み等の異常が無くても、半年に1回は定期検診やクリーニングを受けるようにしましょう。

当院では、矯正治療を行っております。お口の健康についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

2018年10月10日

歯並びは、見た目だけの問題ではありません。歯並びが凸凹になっていると、汚れが溜まりやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

今日は、歯周病になりやすくなる3つの要因について解説したいと思います。

1.歯みがきがしづらい
歯並びが悪く凸凹としていると、汚れが溜まりやすく、歯みがきがしづらくなります。プラークが口腔内にたくさん残ってしまうという事は、歯周病菌もたくさん存在しており、歯周病のリスクが高くなると言えます。

2.噛み合わせにより一部の歯に負担がかかる
歯並びが悪いと、噛み合わせが悪くなっている可能性が高くなります。噛み合わせが悪いと、一部の歯に過剰な力がかかってしまう事があります。歯周病菌の存在に加えて、歯に過剰な負担がかかる状態が続くと、歯周病のリスクが高くなります。

3.唾液の分泌量が低下する
噛み合わせが悪いと、しっかりと噛む事ができないため、唾液の分泌量が低下してしまいます。唾液には、お口の中の汚れを洗い流す自浄作用や、抗菌作用など、歯を歯周病や虫歯から守る作用があります。唾液の分泌が少ないと、これらの作用が働きづらくなり、歯周病のリスクが高まります。

当院では、矯正治療を行っております。歯並びや、歯周病など歯の健康についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/0540orthodontics/

2018年10月 3日

マウスピース矯正とは、透明のマウスピースを装着し、決まった期間ごとに付け替えて、歯並びを整える方法です。
装置が透明で目立たないため、矯正装置の見た目が気になる方におすすめの矯正方法です。
また、取り外しができるので、食事をする時や、歯磨きをする時に装置を外す事ができます。装置のわずらわしさを感じる事なく、美味しく食事をとる事ができます。

簡単に取り外しができる事はメリットですが、デメリットにもなります。正しく矯正装置を取り扱わなければ、計画どおりに矯正治療の効果が現われません。

マウスピース矯正をする際には、装置を正しく取り扱うようにしましょう。注意するべきポイントをまとめると次のようになります。

・ 装着時間を守る
取り外しができるからといって、外してばかりではいけません。
装置の装着時間は、20時間以上を基本としています。食事の時と、歯磨きの時以外は、装着しているようにしましょう。

・ 装置の交換時期を守る
マウスピース矯正は、装置を決まった時期に交換する必要があります。指示どおりの日にきちんと交換をするようにしましょう。

・ 食事の時には外す
食事の時、マウスピースをしたままだと、食材が入り込んで、マウスピースが汚れ、着色しやすくなります。また、細菌が繁殖し虫歯の原因となる事もあります。食事の時は、外すようにしましょう。

・ 清掃をし、清潔に保つ
マウスピースも、歯と同じように汚れますので、歯磨きの際、マウスピースも清掃するようにしましょう。
ブラシで強くこすると、マウスピースに傷を作ってしまう事もあります。
マウスピースの種類によって、推奨する清掃方法が多少異なる事がありますので、確認しておくようにしましょう。

マウスピース矯正は、適応できない症例もありますので、ご希望がある場合には、一度歯科医院に相談するようにしましょう。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

« 2018年9月 | メイン | 2018年11月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。