«  2018年7月 4日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年7月 4日

子どもの歯(乳歯)は、時期が来たら抜けて、大人の歯(永久歯)に生え変わります。
「乳歯は、どうせ抜けてしまうから、虫歯になっても大丈夫」と思っていませんか?
それは大きな間違いです。
乳歯の虫歯は、永久歯の歯並びにも影響するのです。

乳歯は、下から生えてくる永久歯の刺激を受けて、外側から、また神経のある内側から溶けていき、抜ける準備をしていきます。
虫歯によって乳歯の神経が死んでしまうと、上手く溶ける事ができずに、なかなか抜けなくなってしまう事があります。その結果、永久歯が生えてくる道しるべをつくる事ができずに、永久歯が乳歯を避けて横から生えてきてしまう事があります。

また、乳歯には、後から生えてくる永久歯のスペースを確保するという役割があります。乳歯が大きな虫歯になったり、虫歯で抜けてしまうと、後から生えてくる永久歯が生えてくるスペースがうまく確保できずに、歯並びが悪くなる事があります。

このように、乳歯の虫歯は、この先ずっと使う永久歯の歯並びに影響する事がわかります。それ以外にも、永久歯の歯質を弱くしてしまう事もあります。
乳歯は抜けてしまうからでは無く、乳歯のうちから、虫歯予防をする事がとても大切です。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

« 2018年6月27日 | メイン | 2018年7月11日 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。