«  2018年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年6月27日

妊娠中の矯正治療は、基本的には問題ありません。
治療によって、母体や胎児に影響を及ぼす事はありません。矯正治療中に、妊娠がわかった場合でも、担当医と相談しながら、矯正治療を続ける事ができます。

希望があれば、矯正治療を開始する事もできますが、妊娠中は、悪阻(つわり)など、様々な体調の変化が起こります。つわりの激しい時期に、わざわざ矯正装置を装着して、母体にストレスをかけるのが良いとも思えません。

例えば、最初は軽い悪阻だと思っていても、矯正装置付けてしまってから、悪阻がひどくでてくる場合もあります。矯正装置が付いている事で、嘔吐感を強く感じる事もあります。

既に矯正治療を始めている場合でも、矯正装置が付いている事が辛い場合には、無理せずに、治療を一時中断する事も考えましょう。

妊娠中は、虫歯や歯周病のリスクが高まる事も頭に入れておきましょう。
妊娠中、無理に矯正治療を行って、虫歯や歯周病を悪化させてしまっては、意味がありません。矯正装置が付いていなくても、虫歯や歯周病になりやすくなっています。装置が付いていれば、リスクは何倍も上がってしまいます。

矯正治療は、いつからでもできる治療です。妊娠中は、虫歯や歯周病から歯や歯ぐきを守る事を最優先にするのも良いのではないでしょうか。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

2018年6月20日

「乳歯が抜けた後、なかなか永久歯が生えてこない」「乳歯がなかなか抜けない」といった場合、なにか問題があるのではないかと心配になりますよね。
歯の生え変わりの時期には、個人差がありますので、お友達が生え変わり始めたからといって、焦る必要はありません。

歯の生え変わりは、6歳〜7歳頃に乳歯列の一番後ろに第一大臼歯が生えるのから始まり、移行順番に生え変わり、13歳頃に第二大臼歯が生えるまで(親知らずがある人は、21歳頃に第三大臼歯が生えるまで)続きます。

生え変わる時期には、ある程度の目安がありますが、個人差があるので、前後2年程ずれる事はよくあります。
神経質になりすぎないようにしましょう。
心配な場合には、歯科医院でレントゲン写真を撮ってもらい、歯ぐきの中に生えてくる予定の永久歯が存在しているかを確認してもらうのが良いでしょう。

次のような場合には、歯科医院を一度受診する方が良いです。
・ 目安の時期から2年程経過しても生えてこない
・ 反対側の永久歯が生えているのに、片側だけ生えてこない

このような場合には、歯が生えてくるスペースが無く、埋まったままになってしまっている事や、もともと永久歯が足りない「先天的欠損」である可能性があります。
歯並び等に影響する事もありますので、受診後、歯科医師の診断のもと、適切な治療が必要になります。

当院では、小児の矯正歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

2018年6月13日

インビザラインとは、透明のマウスピースを装着して、歯並びを整える矯正治療方法です。
装置が透明で目立たないのが特徴です。また、食事や歯磨きの際に、取り外す事ができます。

インビザラインはこんな方におすすめできる方法です。
・ なるべく周囲に気がつかれずに矯正をしたい方
・ 矯正治療中でも、気にせずに食事を楽しみたい方
・ 金属アレルギーに不安がある方
・ 矯正装置の自己管理がしっかりできる方

インビザラインは、「目立たない」というのが最大のメリットです。
人と接するお仕事をしている方や、多感なティーンエイジャーの方も、安心して矯正治療を始める事ができます。金属を使っていないので、金属アレルギーに不安がある方でも安心です。

インビザラインのもう1つのメリットとして、「装置の取り外しができる」という点が挙げられます。
1日20時間以上の装着を基本としているので、いつでも取り外して良いわけではありませんが、食事をする時や、歯磨きをする時には、外す事ができます。

矯正装置を気にする事なく、矯正前と同じように食事をする事ができます。歯磨きも行いやすいので、衛生を保ちやすくなり、虫歯や歯周病を予防できます。

このようなメリットがあるインビザライン矯正ですが、「矯正装置の自己管理ができる方」でないとおすすめする事はできません。
取り外しができるという事は、装置の装着時間をきちんと自分で考えなくてはいけませんし、マウスピースの洗浄や保管も自分で行わなくてはなりません。
決められた装着時間を守らなければ、矯正治療が計画通りに進まなくなってしまいます。装置の自己管理を面倒だと感じる方には向いていないので、注意しましょう。

なお、インビザラインが適応とならないケースもあるので、インビザライン治療が気になる方は、一度当院にご相談ください。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

2018年6月 6日

姿勢が悪いと、歯並びにも影響する事を知っていますか?
普段、日常的にしている癖や姿勢により、身体に歪みが生じると、歯並びも悪くなる事が分かっています。

身体は、どこかに歪みが生じると、そのバランスをとるために、別の部位に歪みを生じるようになります。その連鎖により、身体全体が歪むようになってしまうのです。

歯の場合で、具体的な例を挙げてみましょう。
例えば、猫背で後方に重心がかかった状態で座ると、口がポカンと開いた状態になりやすく、前歯の適切な負荷がかからなくなります。
この状態で食事をすると、奥歯でばかり噛む癖が付いてしまい、前歯周辺の筋肉が衰えます。歯並びが、お口の周囲の筋肉のバランスが保たれている事で、しっかりと並ぶようにできていますので、前歯の周辺の筋肉が衰えると、出っ歯になるなど、歯並びが乱れやすくなります。

整った歯並びを維持するためには、毎日の姿勢も大切なのです。

また、しっかりと噛んで食事をするためには、良い姿勢で食べる事が重要です。背筋は延びているか、また両方の足の裏がきちんと床についているか、今一度確認してみましょう。
お子さんが居る方は、子どもの食べる時の姿勢を良く観察して、正していけるようにできると良いと思います。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

« 2018年5月 | メイン | 2018年7月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。