«  2018年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年3月28日

舌の動かし方に癖がある場合、歯並びや噛み合わせに悪影響を及ぼす事があります。舌癖(ぜつへき)ともいわれ、矯正治療をするのにあたり、舌癖の有無は、治療方法にも関係してきます。

舌癖の例としては、食べ物を飲み込む時に舌で歯を押したり、口を少し開けて上下の歯の間に舌を出したりする行為があげられます。
無意識の間に、一日に何度も同じ行為をする事になるので、歯には常に力がかかっている事になります。続けていると、上下の前歯の間に隙間が開いてしまったり、押されている方向に歯が動き、出っ歯のようになってしまう事があります。
上下の歯の間に隙間が開いてしまうと、サ行やタ行の発音が不明瞭になったり、ひどい場合には、顎の形まで変えてしまう事があります。

正しい舌の位置は、舌の先が、上の前歯の根元の少し後ろあたりにあるのが正しい位置です。

自分で気がつき、意識して癖を直していければ良いですが、子供の場合や長年癖がある場合にはそうはいきません。舌癖を直さない限り、矯正治療をしても、歯並びは再び崩れてきてしまいます。通常の矯正治療に合わせて、「舌癖防止装置」を使ったり、「舌のトレーニング」により、舌癖の改善を行います。

当院では、矯正治療を行っております。舌癖についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.yoihanarabi.com/


2018年3月21日

噛み合わせが悪いと良くないということは、漠然とはわかっていても、自分の噛み合わせや歯並びが良いのか悪いのか、良くわかっていない人も多いのでは無いでしょうか。

では、正しい噛み合わせ/正しい歯並びとはどのようなものなのでしょうか。

正しい噛み合わせ/歯並びのポイントを紹介したいと思います。

・ 前後のバランス
出っ歯や受け口ではなく、上の前歯が下の前歯の2~3mm前にある状態が正しい噛み合わせです。
上下の歯の先端がぴったりと合わさっているのは、「切端咬合(せったんこうごう)」という不正咬合です。

・ 左右のバランス
上下の前歯の真ん中が、一致している状態がただし噛み合わせです。

・ 上下の前歯の噛み合わせの深さ
上の前歯が下の前歯に2~3mm重なっている状態が正しい噛み合わせです。下の前歯が1/3隠れる程度になります。
全て隠れてしまっているのは「過蓋咬合(かがいこうごう)」という不正咬合です。

・ 並び方
歯が重ならず一列に並んでいるのが良い歯並びです。顎の大きさと歯の大きさのバランスが合っていないと、前後にデコボコとしてしまいます。
また、永久歯の歯と歯の間に隙間が空いていないのが良い歯並びです。

このように、正しい噛み合わせ/歯並びには、いくつかのポイントがあります。一度鏡でセルフチェックをしてみましょう。

当院では、矯正治療を行っております。
ご不安な事がございましたら矯正相談を行っていますので、お気軽にご連絡ください。 http://www.yoihanarabi.com/

2018年3月14日

「顎外固定装置(がくがいこていそうち)」聞き慣れない言葉だと思いますが、矯正装置の中には、装置の大部分が口の外側に出ているものです。

矯正装置というと、歯に装着するものを思い浮かべる事が多いと思いますが、顎外固定装置は、ヘッドキャップのような形をしており、被ったり、首の後ろに回したりして取り付けます。
日中は装着せず、寝ている間や夜家に居る時間に装着します。
主に、成長期の子供の矯正治療で使われる装置です。
骨の成長期にあたる時期に装着する事で、効果を発揮します。装置の種類は次のものがあげられます。

・ ヘッドギアー
上顎の前方への成長促進を抑制する働きや、上顎大臼歯の後方への移動を目的としています。

・ チンキャップ
下顎の過成長による反対咬合の子供に使用します。下顎の前方への成長を抑制します。

・ プロトラクター
上顎の劣成長による反対咬合の子供に使用します。上顎の前方成長を促進させます。

外に出ている部分が多いので、大掛かりに感じるかもしれませんが、この装置をつける事で、スムーズに矯正がすすみます。

最初は煩わしく感じる事が多いかもしれませんが、次第に慣れるので、ほとんどの方が装着したまま眠る事ができています。どうしても無理な場合には、時間がかかってしまう事がありますが、別の方法で治療をする事になります。

当院では、矯正治療を行っております。装置についてなど、ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.yoihanarabi.com/

2018年3月 7日

矯正装置を付けていると、痛みが出る事があります。
大きく分けると2種類の痛みがあります。

・ 歯が動く時に生じる痛み
・ 装置が粘膜にあたる痛み

装置を付けた直後や、装置の調整直後に痛みが出る事が多く、多くは2〜3日もすれば治まってきます。
しかし、装置が何度も粘膜にあたっていると、口内炎ができてしまう事もあります。

口内炎は、多くの人が経験した事があると思うので、どのような痛みかは想像がつくのではないでしょうか。
食事や会話の時に痛むなどの不快感があります。

口内炎は、刺激になっている原因を取り除けば、数日で自然に治ります。
粘膜に強くあたっている、装置の部分を調整したり、コーティングをするなどして、粘膜に強くあたらないように調整して対処していきます。

しかし、なかなか治まらない場合、痛みが辛い場合もあるでしょう。
当院では、口内炎の痛みの緩和や矯正治療時の痛みに「歯科用レーザー」を使用しています。
レーザー治療には、消炎効果や鎮痛効果があるので、粘膜の痛みを和らげる事ができます。

当院では、なるべく痛みの少ない矯正治療を提供できるように努めています。
矯正治療中の痛みなど、ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.yoihanarabi.com/0525less-pain/

« 2018年2月 | メイン | 2018年4月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。