«  2018年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 虫歯の進行と痛み | メイン | 抜歯後の注意点 »

2018年2月 7日

矯正治療中は、歯に汚れがつきやすくなるため、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
ですから、自宅での丁寧な歯磨きに加えて、歯科医院でもクリーニングをする事が大切です。

今日は、矯正治療中の方にもオススメな、歯科医院で行う専門的な歯のクリーニング「PMTC」とは何かを説明したいと思います。

「PMTC」とは、プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニングの略で、歯科医院で歯科衛生士が専用の機械を使って行う専門的なクリーニングの事です。

毎日、丁寧に歯磨きをしていても、自分だけでお口の汚れを完全に取り除く事はできません。磨き残しは、毎日の積み重ねで、どんどんこびり付いてしまい、頑固な汚れになっていき、虫歯や歯周病の原因となります。

特に矯正治療中の場合は、装置を歯に装着しているため、細かな隙間が多く、自分の力だけで、汚れを落としきるのは困難です。
定期的にPMTCを受ける事で、口腔内を衛生的に保つ事ができます。

PMTCは専用の機械を使いますが、虫歯の治療で使われるような歯を削るような機械ではありません。軟らかいゴムやシリコン、またブラシなどでできた専用のチップを機械に取り付けて使いますので、痛みも無く安心です。
施術後は、口の中がスッキリとし、汚れが付きにくい歯面になります。

当院では、矯正治療を行っており、矯正治療中には、来院ごとに歯のクリーニングを行っております。
矯正治療中の歯のクリーニングについてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/0520flow/


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoihanarabi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1114

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。