«  2018年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年1月31日

虫歯とは、お口の中の虫歯菌によって、歯が溶かされていく病気のことです。
歯は一度虫歯で穴が空いてしまうと、自然に元に戻る事はありません。虫歯治療が必要になります。

虫歯は、はじめのうちは、痛みがありません。進行していくに従って、次第に痛みを伴うようになり、最終的にはズキズキと堪えられないほどの痛みになっていきます。
痛みがでてから治療をするのでは無く、痛みがない初期のうちに治療をする事で、簡単な治療で完了する事ができ、負担の少ない治療となります。

虫歯の進行と痛みについて、虫歯初期の状態から順に説明すると次のようになります。

・ CO(シーオー)
初期虫歯の状態です。痛みはありません。エナメル質が溶け始めて白濁し始めますが、まだ穴は開いていない状態です。
穴が開いていないので、治療の必要は無く、きちんと虫歯予防コントロールをする事で、状態が改善する事があります。

・ C1
初期のエナメル質にできた虫歯です。まだ痛みはありません。
早期発見により、適切に治療をする事で、簡単な治療で終わらせる事ができます。

・ C2
エナメル質の下の象牙質にまで虫歯が進行した状態です。象牙質は歯の神経と通じているため、冷たいものや甘いものがしみるようになります。
できるだけ早めの治療が必要です。

・ C3
虫歯が歯の神経にまで達したものです。何もしなくてもズキズキと痛むようになります。冷たいものだけでなく、温かいものもしみるようになります。
できるだけ早めの治療が必要です。

・ C4
虫歯によって、歯の大部分が侵され、歯が根っこだけが残っている状態です。歯の神経は死んでしまって、一旦は痛みが無くなります。
早急の治療が必要で、痛みが無いからといって放置してしまうと、歯の根の先に膿が溜まり、さらに強い痛みになる事があります。
また、歯を抜かなければならなくなる可能性も高くなります。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療中の虫歯についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/0540orthodontics/


2018年1月24日

今日は、矯正治療中も大切な「虫歯予防」についてお話したいと思います。

「虫歯予防」というと、「歯磨きをきちんとしなくてはいけない」だとか、「甘いものばかり食べてはいけない」というような事がまず思い浮かぶのではないでしょうか。
両方とも確かにその通りなのですが、「甘いもの」に関しては、"食べ方"に注意する事で、更に虫歯予防になります。

虫歯の原因は、虫歯菌が出す「酸」です。「酸」は、飲食をして取り入れられた糖類を餌にして、虫歯菌から作られます。
「酸」は、歯のエナメル質を溶かし、虫歯を作ります。
しかし、甘いものを食べたからといってすぐに虫歯になるわけではありません。一定時間、経過して虫歯が発生してくるのです。

普段、口の中は中性に近い状態で保たれていますが、飲食をすると口の中は酸性に傾きます。酸性になると、歯の表面は溶け出します。そして、唾液の働きによって、30分〜1時間くらいかけて、口の中は再び中性に戻っていきます。
飲食をする度に、口の中は中性〜酸性に変化しているのです。酸性になって、多少歯が溶け出しても、唾液の再石灰化の力があるので、穴があく事はありません。しかし、間食の回数が多い場合や、ダラダラと飲食している場合には、口の中が酸性に傾いたままになるので、虫歯になりやすい環境になるのです。

ちょこちょこと甘いものを口にしたり、ジュースやあめなどダラダラと間食をすると、虫歯のリスクがあがります。
虫歯予防のために、甘いものの"食べ方"を見直してみましょう。

当院では、矯正治療を行っております。矯正中の虫歯予防についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/


2018年1月17日

歯周病とは、歯の周りの歯ぐきや歯を支えている骨(歯槽骨)の病気です。主にはと歯ぐきの境目に付着した歯周病菌が原因となって進行していきます。

進行すると歯槽骨は溶け、最終的に歯はグラグラとして抜け落ちてしまいます。一度失ってしまった歯は、もう元には戻りません。

実は、成人の7割が、歯周病に罹患している、もしくはその予備軍だと言われています。しかし多くの人が、自覚していません。歯周病は、重度になるまで痛みなく進行していく病気です。
気付いた時には、歯を残せないほどになっている事もあります。定期的に検診を受け、歯ぐきの異常に早めに気付き、歯周病予防をしていくことが大切です。

歯周病の進行は、初めは炎症が歯ぐきだけに限局している「歯肉炎」の状態から、軽度歯周炎→中度歯周炎→重度歯周炎というように進行していきます。

・ 歯肉炎
歯ぐきが炎症を起こして赤く腫れている状態です。痛みはありません。歯磨きをした時に、出血する事があります。歯槽骨は影響を受けていないので、歯磨き方法の改善等で、自分で炎症を抑える事ができます。

・ 軽度歯周炎
歯ぐきの炎症が進み、腫れが大きくなってきます。歯槽骨が溶かされはじめて、次第に歯周ポケットが深くなっていきます。まだ痛みは伴わず、ほとんどの人が気付きません。この段階で早めに治療、進行の予防を行う事で、予後は良くなり、歯を失わずに済みます。

・ 中度歯周炎
歯ぐきの炎症がさらに進み、歯槽骨が溶かされ、歯周ポケットが深くなってきます。歯のぐらつきを感じる人も多くなってきます。歯ぐきの炎症が大きくなり、腫れと出血に加えて、膿が出る事もあります。

・ 重度歯周炎
炎症がさらに進行し、歯槽骨のほとんどが溶かされてしまった状態です。歯がぐらぐらと動き、食事もしづらくなります。放置しておくと、歯は抜け落ちてしまいます。残念ながら、この状態になると、歯を残せる可能性は低くなりますが、周囲の歯まで、歯周病が進行する事のないよう、早めに処置をする事が必要です。

歯並びが悪いと、歯に汚れが溜まりやすいため、歯周病のリスクが高まります。歯並びを改善する事は、歯を歯周病から守る事にもつながります。

当院では、矯正治療を行っております。歯並びと歯周病についてなど、ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/0540orthodontics/

2018年1月10日

矯正治療中は、矯正装置を装着しているため、お口の中に汚れが溜まりやすい状態になります。
虫歯のリスクは5倍にもなると言われています。せっかく矯正治療で、整った歯並びを手に入れても、虫歯で歯がボロボロになってしまっては意味がありません。
それに、矯正治療中に虫歯になってしまうと、虫歯治療を優先しなくてはならず、矯正装置を外すなど、治療を中断しなくてはならなくなります。

ですから、矯正治療中の歯の清掃習慣はとても大切です。特にお子さんが矯正治療中の場合には、仕上げ磨きが必要不可欠です。

お子さんも、ある程度大きくなり小学生位になると、自分で出来るからと仕上げ磨きをしないご家庭もあります。

しかし、実際には小学生でも細かな部分は磨けていない事が多いものです。
ましてや矯正装置を付けている場合には、大人でも十分に磨く事は、とても難しい事です。
矯正をしていない場合でも、小学校4年生くらいまでは仕上げ磨きをした方が良いです。

矯正治療中の場合は、子供であれば年齢問わず、仕上げ磨きをしてあげるようにしましょう。
小学生は勿論、中学生でも、矯正中は仕上げ磨きをした方が良いです。
中学生ともなると仕上げ磨きを嫌がるお子さんが多いと思いますが、
そこは、「矯正装置の手入れをしなければならないんだよ!」など、きちんと説明をして、大人が細かい部分まで磨いてあげるようにしましょう。

当院では、矯正治療を行っております。矯正治療中の歯の手入れなども丁寧にアドバイスさせていただきます。
ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.yoihanarabi.com/


2018年1月 3日

不正咬合の中でも、あまり聞き慣れない「過蓋咬合(かがいこうごう)」について、今日は詳しく解説していきたいと思います。

過蓋咬合とは、"噛み合わせが深い"状態の事を指します。
上下の歯で噛んだ時に、下の前歯が上の前歯見えなくなってしまう程、深く咬み込んだ状態です。

過蓋咬合は、前歯がきれいに並んでいる場合も多く、一見すると噛み合わせが悪い事に気がつかない事もあります。
しかし、周囲に悪影響を及ぼす可能性がある噛み合わせなのです。過蓋咬合のデメリットを挙げると次のようになります。

<過蓋咬合のデメリット>
・ 顎関節症になりやすい
・ 摩耗(まもう)/咬耗(こうもう)が起こりやすい
・ 被せ物、ブリッジ、入れ歯などが壊れやすい
・ 出っ歯が悪化する事がある

過蓋咬合は、上の前歯が、下の前歯に覆い被さっている状態で、下顎の運動が大きく制限される事があります。
後方部への圧迫力がかかる事があり、顎関節症を湯初するきっかけとなる事があります。

また、強く咬み込む事で、歯に強い負荷がかかり摩耗や咬耗も起こりやすくなります。
歯を長く健康に使っていくためには、過蓋咬合という噛み合わせが、悪影響が大きい噛み合わせだと言えます。

大人になってからの過蓋咬合の治療は難症例だと言われますので、噛み合わせに不安を感じている場合、小児期からの介入が必要です。

当院では、矯正治療を行っております。
歯並びや噛み合わせでご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.yoihanarabi.com/0545case/

« 2017年12月 | メイン | 2018年2月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。