«  2017年8月 9日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年8月 9日

矯正治療をしていると、「口臭が気になる」という患者さんがいらっしゃいます。

矯正治療中は、以前に比べて、口臭が強くなる事があります。その原因について説明したいと思います。

矯正治療中、口臭がひどくなる原因で考えられるものは次のとおりです。

・ 磨き残し
矯正治療中は、矯正装置がある事によって、磨き残しを作りやすくなってしまいます。磨き残しの汚れは、口臭の原因になります。

・ お口の中の炎症
矯正治療中は、器具が口の中の粘膜にあたり、傷をつくりやすくなります。
そこが炎症を起こしひどくなってしまい、膿が出るような場合には、膿の臭いで口臭がするようになります。

・ 口の中の乾燥
歯が前に出ている「出っ歯」の状態や、噛み込みが深い状態の矯正治療をする時に、一時的に噛み合わせが開いた状態をつくるために、お口が開いている状態が長くなる事があります。
お口の中が乾燥すると、最近が繁殖しやすくなり、口臭がしやすくなります。

矯正中は、普段よりも口臭が強くなりやすくなります。矯正中の口臭を予防するためには、まずは丁寧な口腔内清掃が大切です。
磨き残しをなるべくつくらないよう、矯正装置と歯の間などを丁寧に磨くようにしましょう。
また、クッキーやスナック菓子、キャラメルやチョコレートなど、お口の中に残りやすいものはなるべく避け食べた時には、なるべく早く歯を磨くようにしましょう。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/

« 2017年8月 2日 | メイン | 2017年8月16日 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。