«  2018年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 悪い歯並びとは | メイン | ブラケット矯正中の歯磨き方法 »

2017年6月 7日

当院では、基本的には、抜歯をしてなくても可能な矯正治療法を模索しますが、場合によっては、どうしても抜歯が必要になってくるケースがあります。

どのようなケースで、抜歯が必要になるのでしょうか。

抜歯の必要があるかどうかは、その人の歯の大きさや凹凸具合、顎の骨の大きさ、唇の形や大きさなど、様々な要因により決まります。
どんな場合であれ、健康な歯を抜く事はなるべく避けたいものです。
しかし、矯正治療の場合には、顎の大きさと歯の大きさの調和が取れていないと、うまく歯が矯正できない場合があります。

具体的に言うと、顎の大きさが歯の大きさに対して小さく、歯が並びきらない場合には、抜歯をせずに矯正をすると、無理矢理狭いスペースに歯を並ばせるため、歯列全体が外側に広がった形になり、口元が前に出たように見えてしまう事があります。
また、矯正できたとしても、後戻りをしやすくなってしまう事があります。

抜歯をせずに、矯正治療をする場合「顎を広げる方法」があります。
顎が成長途中の子どもであれば、有効な方法です。
大人でも矯正治療は可能ですが、子どものうちからの矯正治療を行うと、顎を広げる方法を行い、抜歯せずにスムーズに矯正治療が可能になる場合があります。

当院では、矯正治療を行っております。矯正中の抜歯など、ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/0515tooth-extraction/


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoihanarabi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/979

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。