«  2017年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年5月31日

あなたの歯並びはどのような状態ですか?

明らかに、歯がガタガタになっている場合や、歯が前に出ている場合を除くと、自分の歯並びが悪い事に気がついていない場合もあります。

悪い歯並びは、見た目だけの問題ではありません。虫歯や歯周病のリスクが高くなったり、顎に負担がかかるなどして、口元の健康にも影響します。

悪い歯並びの代表的なものをいくつか紹介したいと思います。

・ 叢生(そうせい)
乱杭歯(らんぐいば)とも言われます。歯並びが凸凹になったり、重なり合ったりしている状態です。汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

・ 上顎前突(じょうがくぜんとつ)
出っ歯(でっぱ)とも言われます。上の前歯が前方に傾斜していたり、上顎の歯全体が、前に出ていたりする状態です。指しゃぶりなどの癖も原因のひとつとなります。

・ 下顎前突(かがくぜんとつ)
受け口とも言われます。下顎が前にでており、見た目に影響するだけでなく、「サ行」や「タ行」の発音がしづらくなります。

・ 開咬(かいこう)
上の歯と下の歯を噛み合わせた時に、奥歯は噛み合っていても、前歯は隙間が開いてしまっている状態です。前歯で物を噛み切る事ができません。指しゃぶりや口呼吸などの癖も原因のひとつとなります。

このように代表的な悪い歯並びだけでも、様々なものがあります。ご自分の歯並びはどうですか?気になる事があるようでしたら、一度矯正に歯科医院に相談していただくのが良いと思います。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/


2017年5月24日

矯正治療を行うと、整った美しい歯並びを手に入れる事ができます。
口元が美しいと、お顔全体の印象も良くなります。

しかし、矯正治療のメリットは、見た目だけではありません。口や身体にとって、良い事がたくさんあるので、紹介したいと思います。

<矯正治療をするメリット>
・ 虫歯になりにくくなる
・ 歯周病になりにくくなる
・ よく噛んで食べられるようになる
・ 発音が明瞭になる
・ 顎への負担げ減る
・ 顔全体のバランスが良くなる
・ コンプレックスを解消して、自分に自信がもてる

このように、見た目以外のメリットもたくさんあります。

矯正治療で歯並びが良くなると、汚れが溜まりにくくなり、歯磨きもしやすくなるので、虫歯や歯周病のリスクが減り、お口の健康を保ちやすくなります。
また、噛み合わせも改善されるので、よく噛んで食べられるようになり、胃腸の負担が減りますし、顎への負担も減るため、顎関節症になりにくくなります。

歯並びが整う事で、コンプレックスが解消されるので、自分に自信が持てるようになり、精神的にも良い影響があると言えます。人と会話をする時に口元が気にならなくなり、大きな口で笑う事もできます。
矯正治療をお考えの方は、見た目以外にもメリットがある事を踏まえた上で、検討していただくのが良いと思います。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/


2017年5月17日

矯正治療中は、虫歯のリスクが高くなるので、注意が必要です。

矯正治療中は、矯正装置が付いているため、汚れが溜まりやすく、また歯磨きがしにくい状況になる事から、虫歯のリスクが高くなります。

せっかく矯正治療で、整った口元を手に入れても、虫歯だらけになってしまうのは、とても残念です。
それだけではありません。矯正治療中に虫歯になってしまうと、虫歯の進行状況によっては、矯正装置などを外さなければならない場合もあり、矯正を一時中断する必要ある場合もあります。そうなってしまうと、治療期間が長引いてしまい、計画通りに治療が進まなくってしまいます。

矯正治療中は、いつも以上に、虫歯予防をする必要があります。虫歯予防には、次のようなポイントが大切です。

(1)毎日の丁寧な歯磨き
毎日の歯磨きでは、装置の隙間の汚れまできれいに除去できるように、丁寧に時間をかけて磨く事が大切です。
最初は面倒に感じるかもしれませんが、矯正治療をしていく中で、歯磨きがきちんとできる事はとても大切な事です。歯科医院でも、矯正器具を付けた場合の清掃方法をレクチャーしていきます。

(2)間食の摂り方の注意
甘い食べ物は、虫歯の原因になります。虫歯菌が糖分を栄養に、歯を溶かす酸を作り出します。糖分が含まれた食べ物は、食べ過ぎない事も大切ですが、食べるタイミングに気をつける事も大切です。
ダラダラと少しずつ食べていると、虫歯になりやすいので、間食は時間を決めて食べましょう。水分補給はジュースでは無く、水かお茶類にしましょう。

矯正治療では、定期的に通院した際に、歯のクリーニングも行っていきますが、虫歯予防は、自宅で、自分で頑張っていただく部分も必要です。
矯正では虫歯予防がとても重要です。一緒に頑張っていきましょう!

当院では、矯正治療・予防歯科を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/


2017年5月10日

歯科矯正というと、歯歯にギラギラと矯正装置が付いているイメージがある方が多いでしょう。見た目の問題から、矯正治療を躊躇してしまう方も、多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめなのが、目立たない矯正治療です。
以前は、矯正というと、銀色のブラケットを歯に付けるのが主流でしたが、最近では、目立たない矯正治療・矯正装置が登場し、人目を気にせず、矯正治療をする事ができるようになりました。

・ 透明な矯正装置
金属では無く、目立たない白い素材を使ったブラケットを使用する方法です。口を開けた時に、装置がギラギラと目立つ事はありません。

・ インビザライン(マウスピース矯正)
透明なマウスピースを装着し、2週間毎に交換しながら、歯を少しずつ動かしていく方法です。取り外しが出来るので、食事の時や歯磨きの時に外す事ができます。
ただし、適応できない症例も多く、歯を根っこごと移動させるような、移動距離の長いケースには向いていません。

・ 裏側矯正
ブラケット矯正の装置を、歯の裏側(舌側)に装着する矯正方法です。
矯正装置が歯の表側からはまったく見えませんので、矯正をしている事に気付かれないほどです。裏側からの矯正なので、通常のブラケット矯正よりも、時間や費用がかかる事が多いです。

このように、最近では、目立たない矯正装置が出てきています。矯正装置が目立つのが嫌で矯正治療を躊躇しているという方は、このような方法も選択肢にあるので、矯正治療を検討してみてはいかがでしょうか。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.yoihanarabi.com/0508appliance/

« 2011年12月 | メイン | 2017年6月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

浜中矯正歯科クリニック 院長 浜中康弘 浜中矯正歯科クリニック
http://www.yoihanarabi.com/
院長 浜中康弘

矯正治療は緊急を要することはほとんどありません。じっくり時間かけて、納得してからスタートしても手遅れになることはほとんどないのです。ですから、当院ではじっくりと患者さんに考えていただき、納得してから治療を受けていただくことをポリシーとしています。