そもそも虫歯とは何ですか?

虫歯とは何ですか?虫歯とは、お口の中にあるミュータンス菌という細菌によって歯が溶かされていく病気のことです。成人日本人の8割以上に、少なくとも一本は虫歯があるといわれています。

虫歯は、歯の表面のエナメル質が虫歯の直接の原因となるミュータンス菌に侵されることで進行が始まります。

まず、ミュータンス菌が糖分と結びつき、グルカンとよばれる物質と乳酸が作られます。このグルカンとよばれる物質が歯に歯垢を付着させ、ミュータンス菌やそのほかの細菌の温床を作ります。

そして、さきほど作られた乳酸が歯の外側のエナメル質を溶かします。このとき、歯の表面が乳白色や薄茶色になります。さらに、歯の外側のエナメル質を溶かしつくし、内側の象牙質をも溶かし始めます。

この場合には、虫歯になった部分は黒くなり、いかにも虫歯らしくなっています。冷たいものや熱いものがしみたり、痛みを感じたりするのもこの時期です。痛みを感じたときには、外側のエナメル質は溶かされてしまった後なので、もう手遅れになってしまっています。

そして最後には、エナメル質や象牙質はボロボロに侵され、歯には黒い穴が開き、虫歯菌は歯髄にまで達して歯随炎を引き起こします。この後、菌が歯根にまで達すると、もう歯には根本が残されているだけで、もはや形はありません。このように、虫歯とは、放っておくと歯が全部なくなってしまいかねない、あなどれない歯の病気なのです。

コールバック予約

コールバック予約