歯周病とは何ですか?

歯周病とは何ですか?歯周病とは、歯の周りの歯肉や歯を支えている骨が悪くなる病気のことです。歯槽膿漏ともいいます。歯と歯肉の間の小さな隙間に菌が侵入し歯肉に炎症がおこります。まず、ブラシが届きにくくプラーク(歯垢)が付着しやすい場所から歯肉炎が始まり、次第に周辺へと広がっていきます。

このプラークは最初のうちは歯ブラシで簡単に取れるのですが、時間が経つにつれ徐々に硬くなり歯ブラシでは取りにくくなります。歯並びが悪いと歯周病になりやすいのはこのためです。

歯肉炎になると、歯みがきしているときやりんごなどをかじったときに歯ぐきから出血しますが、特にこれといって自覚症状がないので放置されがちです。しかし、放置しておくと次第に歯周炎が進行し、歯肉の内部まで侵され始め、歯を支えている歯槽骨が溶かされてしまいます。これが、歯周病(歯槽膿漏)とよばれるものです。この頃には、歯槽からは膿が漏れ出て口臭がひどくなります。

最終的に、歯は支えを失ってグラグラと揺れ動くようになり、物が噛めなくなるばかりか、ついには抜け落ちてしまうのです。正しくすみずみまで歯を磨くのは虫歯予防のため、というイメージが先行しますが、実はこの虫歯よりも怖い歯周病(歯槽膿漏)を予防することもとても重要なのです。そのため、歯をシッカリと磨けるよう、歯並びは整っているにこしたことはない、というわけです。

コールバック予約

コールバック予約