【小児矯正の抜歯】迷うケースは成長を見てから、決めても遅くありません

小児矯正の抜歯お子さんの場合ですと、あごを大きくするように準備しておくことで、抜歯の可能性を下げることが可能です。とはいえ、抜歯をするかどうかはあわてて決める必要はありません。

成長が残っている場合には、抜歯をせずとも治療を開始できるケースも少なくないからです。大切なのはあわてないこと。迷うケースは成長を見てから、決めても遅くありません。

コールバック予約

コールバック予約