【歯科コラム】歯並びと健康の話

歯並びと健康の話

知っていますか?矯正歯科治療は「歯並びを改善する」という目的のほかにもさまざまな目的があります。このページでは「歯並びと健康」をテーマに皆様と考えていきます。

歯並びとお口の関係とは?

歯並びとお口の関係とは?歯並びが悪いと、歯と歯が重なった部分ができたり、歯と歯の間に隙間が空いたりします。このような場所は、歯ブラシが届きにくいため歯垢(プラーク)や歯石が付着しやすく、ずっとたまったままになってしまいます。これが、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の温床になっていきます。

つまり、歯並びが悪いと、お口の中に食べたカスがたまりやすく、よく清掃できないので、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)にかかりやすくなるのです。悪い歯並びは、見た目が悪かったり、言葉が不明瞭になったりするということはもちろん、お口の健康にも悪い影響を及ぼすことになります。

そもそも虫歯とは何ですか?

虫歯とは何ですか?虫歯とは、お口の中にあるミュータンス菌という細菌によって歯が溶かされていく病気のことです。成人日本人の8割以上に、少なくとも一本は虫歯があるといわれています。

虫歯は、歯の表面のエナメル質が虫歯の直接の原因となるミュータンス菌に侵されることで進行が始まります。

まず、ミュータンス菌が糖分と結びつき、グルカンとよばれる物質と乳酸が作られます。このグルカンとよばれる物質が歯に歯垢を付着させ、ミュータンス菌やそのほかの細菌の温床を作ります。

そして、さきほど作られた乳酸が歯の外側のエナメル質を溶かします。このとき、歯の表面が乳白色や薄茶色になります。さらに、歯の外側のエナメル質を溶かしつくし、内側の象牙質をも溶かし始めます。

この場合には、虫歯になった部分は黒くなり、いかにも虫歯らしくなっています。冷たいものや熱いものがしみたり、痛みを感じたりするのもこの時期です。痛みを感じたときには、外側のエナメル質は溶かされてしまった後なので、もう手遅れになってしまっています。

そして最後には、エナメル質や象牙質はボロボロに侵され、歯には黒い穴が開き、虫歯菌は歯髄にまで達して歯随炎を引き起こします。この後、菌が歯根にまで達すると、もう歯には根本が残されているだけで、もはや形はありません。このように、虫歯とは、放っておくと歯が全部なくなってしまいかねない、あなどれない歯の病気なのです。

歯周病とは何ですか?

歯周病とは何ですか?歯周病とは、歯の周りの歯肉や歯を支えている骨が悪くなる病気のことです。歯槽膿漏ともいいます。歯と歯肉の間の小さな隙間に菌が侵入し歯肉に炎症がおこります。まず、ブラシが届きにくくプラーク(歯垢)が付着しやすい場所から歯肉炎が始まり、次第に周辺へと広がっていきます。

このプラークは最初のうちは歯ブラシで簡単に取れるのですが、時間が経つにつれ徐々に硬くなり歯ブラシでは取りにくくなります。歯並びが悪いと歯周病になりやすいのはこのためです。

歯肉炎になると、歯みがきしているときやりんごなどをかじったときに歯ぐきから出血しますが、特にこれといって自覚症状がないので放置されがちです。しかし、放置しておくと次第に歯周炎が進行し、歯肉の内部まで侵され始め、歯を支えている歯槽骨が溶かされてしまいます。これが、歯周病(歯槽膿漏)とよばれるものです。この頃には、歯槽からは膿が漏れ出て口臭がひどくなります。

最終的に、歯は支えを失ってグラグラと揺れ動くようになり、物が噛めなくなるばかりか、ついには抜け落ちてしまうのです。正しくすみずみまで歯を磨くのは虫歯予防のため、というイメージが先行しますが、実はこの虫歯よりも怖い歯周病(歯槽膿漏)を予防することもとても重要なのです。そのため、歯をシッカリと磨けるよう、歯並びは整っているにこしたことはない、というわけです。

コールバック予約

コールバック予約