抜歯・非抜歯についての当院の考え方

抜歯・非抜歯についての当院の考え方

カウンセリングをしていると、「抜歯が必要かどうか」といった質問を受けます。基本的には身体の負担が少ない「歯を抜かずに済む治療方法」を模索しますが、場合によっては抜歯になってしまうケースも少なくありません。

というのも、あえて抜歯をせずに治療を進めてしまうとデメリットがある場合があるのです。矯正治療の目的は機能性・審美性を高め、お口の中の環境を健康な状態に保つことですから、どうしても抜歯を避けられないケースもあります。

このページでは抜歯・非抜歯に関する考え方について、ご紹介します。

【小児矯正の抜歯】迷うケースは成長を見てから、決めても遅くありません

小児矯正の抜歯お子さんの場合ですと、あごを大きくするように準備しておくことで、抜歯の可能性を下げることが可能です。とはいえ、抜歯をするかどうかはあわてて決める必要はありません。

成長が残っている場合には、抜歯をせずとも治療を開始できるケースも少なくないからです。大切なのはあわてないこと。迷うケースは成長を見てから、決めても遅くありません。

【大人の矯正の抜歯】非抜歯で治療を行うとデメリットも

大人の矯正の抜歯いくらキレイな歯並びのためでも、健康な歯を抜くのは誰でも抵抗があるはずです。また、ドクター自身も患者さんの負担になることは、できるだけ避けたいと考えています。そこで当院では、綿密な治療計画を立て、できるだけ抜歯を伴わない治療計画をご提案するようにしています。

非抜歯で治療を行ってしまった場合のデメリット
時々「抜歯はできるだけ避けたい。抜歯をしない方法で治療をしてほしい」という方がいらっしゃいます。もちろん、抜歯をせずとも治療を終えることは可能ですが、本来並ぶスペースがない場所にムリに歯を並べると、口もとがでたまま並んだり、歯ぐきを痛めてしまうことだってあります。

患者さんの歯並びの状態をシッカリ把握し、できること・できないことを正しく判断して治療計画を立てることが重要だと考えています。

コールバック予約

コールバック予約