目立たない矯正治療

目立たない矯正治療

歯の表面にワイヤーを装着する矯正治療は、口を開けたときに目立ってイヤという声をよく聞きます。しかし最近では目立たない装置が登場。人目を気にしないで矯正治療が可能となりました。

このページでは当院の目立たない装置についてご紹介します。

【クリアな装置】透明な矯正装置

クリアな装置●目立ちにくいセラミック製のブラケット
●摩擦が少ないセルフライゲーションブラケット
●治療期間が短縮し、治療中の痛みが軽減

金属ではなく、目立ちにくい白い素材を使った装置です。これにより、装置がギラギラと目立つことはありません。

さらにクリッピーCは、歯をひっぱるワイヤーと、歯に固定するブラケットとの摩擦が少ない、体に優しい矯正装置です。従来のブラケットより歯が早く動き、かつ痛みが少ないといわれています。

【インビザライン】取り外せる透明な矯正装置

インビザライン●取り外せるため衛生的
●透明なので付けていても目立たない
●食事に支障がでない

歯に直接固定する装置では会話や食事のときなど、どうしても異物感が生じてしまいます。また、ブラッシングがしにくく虫歯になりやすいといったデメリットがあるのも事実です。

そこでオススメしたいのが、「インビザライン」とよばれる透明な取り外しができる矯正装置です。2週間ごとに「アライナー」とよばれる透明なマウスピースを交換しながら、少しずつ歯を動かしていく治療方法です。

この装置の最大のメリットは、装置を歯に固定させる必要がないということ。人前では取り外しておくことができるので、治療していることが他人に気づかれることはほぼないでしょう。また、食事やブラッシング中は装置を取り外せるため、普段と同じように生活ができます。

しかしこのメリットは、この装置のデメリットでもあります。基本的には装置をずっと入れていただく必要がありますが、装着時間が短いと予定通りに治療が進みません。また、抜歯ケースの様に歯を根っこごと移動させる必要がある場合、奥歯が傾いてきたり思う様に動かない事があります。徐々に改良されてきていますが、ブラケットをつけて治す矯正の様にほぼ全ての症例に適用はまだできません。

コールバック予約

コールバック予約